ADO.NET Provider for Airtable

Build 23.0.8770

プロシージャ

Procedures スキーマコレクションは、利用可能なストアドプロシージャについて説明します。

ストアドプロシージャリストの取得

Procedures スキーマコレクションを取得するには、AirtableConnection クラスのGetSchema メソッドを呼び出します。返されたDataTable オブジェクトのメタデータにアクセスします。

次の例は、ストアドプロシージャ名のリストを出力します。

C#

String connectionString = "APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,TableB,TableC;ViewNames=TableA.ViewA,TableA.ViewB,..,TableX.ViewY;";

using (AirtableConnection conn = new AirtableConnection(connectionString)) {
  conn.Open();
  DataTable table = conn.GetSchema("Procedures");
  foreach (DataRow row in table.Rows)
   Console.WriteLine(row["SPECIFIC_NAME"]);
}

VB.NET

Dim connectionString As String = "APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,TableB,TableC;ViewNames=TableA.ViewA,TableA.ViewB,..,TableX.ViewY;"

Using conn As New AirtableConnection(connectionString)
  conn.Open()
  Dim table As DataTable = conn.GetSchema("Procedures")
  For Each row As DataRow in table.Rows
    Console.WriteLine(row("SPECIFIC_NAME"))
  Next
End Using

返されたカラム

Procedures スキーマコレクションは、次のカラムを含みます。

カラム名データ型説明
SPECIFIC_CATALOGSystem.Stringストアドプロシージャを含むデータベースの名前。
SPECIFIC_SCHEMASystem.Stringストアドプロシージャを含むスキーマ。
SPECIFIC_NAMESystem.Stringパラメータを含むストアドプロシージャの名前。
ROUTINE_CATALOGSystem.Stringストアドプロシージャを含むデータベース。
ROUTINE_SCHEMASystem.Stringストアドプロシージャを含むスキーマ。
ROUTINE_NAMESystem.Stringストアドプロシージャの名前。
ROUTINE_TYPESystem.Stringストアドプロシージャの場合はPROCEDURE、関数の場合はFUNCTION を返します。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770