ADO.NET Provider for Airtable

Build 23.0.8770

EFCore コンソールアプリ

データモデルの作成

アプリケーションのコンテキストクラスとエンティティクラスを作成するには、2つのアプローチがあります。コードファーストアプローチ アプローチでは、クラスを手動で書くことでモデルを微調整できます。あるいは、リバースエンジニアリング(Scaffolding) を利用してAirtable スキーマからこれらのクラスを自動生成することもできます。

コードでLINQ コマンドを実行する

Entity Framework Core をセットアップしてAirtable プロバイダーを登録すると、コード内でLINQ を実行することができます。

using System.Linq;
using MySolutionName.Models;

System.Text.Encoding.RegisterProvider(System.Text.CodePagesEncodingProvider.Instance); // Include this if you would like to use code pages not bundled in .NET Standard.
AirtableContext ents = new AirtableContext();
var SampleTable_1Query = from SampleTable_1 in ents.SampleTable_1
                   orderby SampleTable_1.Column1
                   select SampleTable_1;

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770