ADO.NET Provider for Airtable

Build 23.0.8770

データモデル

概要

このセクションでは、利用可能なAPI オブジェクトを示し、Airtable API へのSQL の実行について詳しく説明します。

主要機能

  • 本製品 はドキュメント、フォルダ、およびグループなどのAirtable エンティティをリレーショナルビューとしてモデル化し、SQL を記述してAirtable データをクエリできるようにします。
  • The columns of the tables and views are heuristically discovered by scanning the records from the data source. The data types of the columns are also heuristically determined if the TypeDetectionScheme property is set to 'RowScan'.
  • ストアドプロシージャを使用するとAirtable の操作を実行できます。
  • これらのオブジェクトへのライブ接続により、本製品 を使用するとAirtable アカウントへのあらゆる変更が即座に反映されます。

ビュー

ドライバーは、TableNames およびViewNames 接続プロパティを使用して、カレントベースのビューを指定します。 TableNames の各レコードについて、添付ファイル情報を公開するための"ViewName_Attachments" および、ビューの共同編集者情報を公開するための"ViewName_Collaborations" という名前の2つのビューが生成されます。 この例は、ビュー のSample テーブルになります。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770