ADO.NET Provider for Airtable

Build 23.0.8770

DbProviderFactory の使用

CData ADO.NET Provider for Airtable はAirtableProviderFactory クラスを実装し、ADO.NET 基本クラスを介してAirtable に汎用データアクセスコードを書き込むことを可能にします。

AirtableProviderFactory を使用したデータアクセスオブジェクトの作成

次のセクションは、AirtableProviderFactory クラスを使用して、AirtableConnection、AirtableCommand、およびAirtableDataAdapter のようなオブジェクトを一般的な方法で作成する方法を示します。

DbConnections の登録および設定

プロバイダーをコンフィギュレーションコンテキストに登録し、DbProviderFactory およびDbConnection オブジェクトを定義します。DbConnections の作成 を参照してください。

DbCommands を使用したクエリ

DbCommands の実行 では、既存のDbProviderFactory およびDbConnection オブジェクトを使用してAirtable へのクエリを実行する方法を説明します。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770