ADO.NET Provider for Airtable

Build 23.0.8770

AirtableDataSource の使用

AirtableDataSource は、単一Web コントロールを使ってAirtable への接続およびデータのクエリを可能にします。このコントロールをGridView やListBox などの他のコントロールに連結することにより、ASP.NET ページ上にAirtable データの表示、編集、および保存が可能になります。また、Visual Studio のデザイナを使用して、コントロールの初期化、視覚的なクエリの作成、およびコントロールの連結のような操作が実現できます。さらに、ページコードからSQL コマンドも定義できます。以下では、GridView コントロールを使用してデータ連結を行う方法を説明します。

AirtableDataSource を使用するには、ASP.NET プロジェクトでSystem.Data.CData.Airtable.Web.dll を参照する必要があります。

コードを記述してデータ連結を行うには

以下のコード例は、Airtable クエリの結果をASP.NET データグリッドに連結する方法を示します。AirtableDataSource で使用するアセンブリを登録した後、GridView コントロールのDataSourceID フィールドの値をAirtableDataSource コントロールのId フィールドに設定します。

<%@ Register Assembly="System.Data.CData.Airtable.Web" Namespace="System.Data.CData.Airtable" TagPrefix="cc1" %>
...
<cc1:AirtableDataSource Id="AirtableDataSource1" runat="server" ConnectionString="APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,TableB,TableC;ViewNames=TableA.ViewA,TableA.ViewB,..,TableX.ViewY;" SelectCommand="SELECT * FROM SampleTable_1 WHERE Column2 = 'Bob' LIMIT 10"></cc1:AirtableDataSource>
<asp:GridView DataSourceID="AirtableDataSource1" runat="server"></asp:GridView>

デザイナを使用してデータ連結を行うには

Visual Studio のデザイナを使用してAirtableDataSource をGridView コントロールに連結するには、次の手順を実行してください。

  1. ツールボックスのGridView コントロールをページにドラッグします。
  2. GridView コントロールのスマートタグをクリックします。
  3. [データソースの構成]をクリックします。これによりコントロールを設定するためのウィザードが起動します。
  4. 最初の画面で、ドロップダウンから任意の接続文字列を選択します。定義済みの接続文字列がない場合は、[新しい接続]ボタンをクリックして新しい接続文字列を作成するか、アプリケーションのWeb.config ファイル内に保存します。
  5. 次のステップでは、任意のSQL ステートメントまたはクエリを作成します。

データソースの構成が完了すると、連結したデータはGridView コントロールに表示されます。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8770