CData Python Connector for Zuora

Build 21.0.7930

データモデル

本製品 はREST API を使って、Zuora からすべての関連するスキーマ情報を動的に抽出します。すべてのZuora エンティティはビューとして公開されます。

CData Python Connector for Zuora は、Zuora オブジェクトをリレーショナルテーブルおよびビューとしてモデル化します。 Zuora オブジェクトは他のオブジェクトとリレーションを持ちます。テーブルでは、これらのリレーションは外部キーを使用して表されます。 次のセクションでは、利用可能なAPI オブジェクトを示し、Zuora API へのSQL の実行について詳しく説明します。

ほとんどのデータベースオブジェクトのスキーマは、シンプルなテキストベースのコンフィギュレーションファイルで定義されます。

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャ は、Zuora のファンクションライクなインターフェースです。これを使って、スキーマファイルを作成したり、Zuora アプリのOAuth アクセストークンの取得、リフレッシュが可能です。

本製品 は、Zuora API にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。 本製品 がクライアントサイドのインメモリ処理でAPI 制限を回避する方法の詳細については、SupportEnhancedSQL を参照してください。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930