CData Python Connector for Zuora

Build 21.0.7930

接続の確立

The objects available within our connector are accessible from the "cdata.zuora" module. In order to use the module's objects directly, the module must first be imported as below:

import cdata.zuora as mod

From there, the connect() method can be called from the connector object to establish a connection using an appropriate connection string, such as the below:

mod.connect("InitiateOAuth=GETANDREFRESH;OAuthClientID=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;Tenant=USProduction;ZuoraService=DataQuery;")

Zuora への認証

Zuora はユーザー認証にOAuth 標準を使用しています。

OAuth 認証での認証

認証方法については、OAuth 認証の使用 を参照してください。

Tenant プロパティの設定

プロバイダへの有効な接続を作成するには、アカウントの設定と合致するテナント値を1つ選択する必要があります。以下は、利用可能なオプションのリストです。

  • USProduction:リクエストはhttps://rest.zuora.com に送信されます。
  • USAPISandbox:リクエストはhttps://rest.apisandbox.zuora.com に送信されます。
  • USPerformanceTest:リクエストはhttps://rest.pt1.zuora.com に送信されます。
  • EUProduction:リクエストはhttps://rest.eu.zuora.com に送信されます。
  • EUSandbox:リクエストはhttps://rest.sandbox.eu.zuora.com に送信されます。

デフォルトではUSProduction テナントを使用します。

Zuora サービスの選択

データクエリとAQuA API の2つのZuora サービスを使用します。デフォルトでは、ZuoraServiceAQuADataExport に設定されています。

DataQuery

データクエリ機能は、非同期の読み取り専用SQL クエリを実行することで、Zuora テナントからのデータのエクスポートを実現します。 このサービスは、素早く軽量なSQL クエリでの使用を推奨します。

制限

  • フィルタ適用後の、テーブルごとの入力レコードの最大数: 1,000,000
  • 出力レコードの最大数: 100.000
  • テナントごとの、実行用に送信される同時クエリの最大数: 5
  • テナントごとの、同時クエリの制限に達した後に実行用に送信され、キューに追加されるクエリの最大数: 10
  • 1時間単位での、各クエリの最大処理時間: 1
  • GB 単位での、各クエリに割り当てられるメモリの最大サイズ: 2
  • Index Join を使用する際のインデックスの最大値。言い換えれば、Index Join を使用する際にWHERE 句で使われる一意の値に基づいた、左のテーブルから返されるレコードの最大数: 20.000

AQuADataExport

AQuA API のエクスポートは、すべてのオブジェクト(テーブル)のすべてのレコードをエクスポートするように設計されています。AQuA のクエリジョブには以下の制限があります。

制限

  • AQuA のジョブ内のクエリが8時間以上実行されている場合、ジョブは自動的に停止されます。
  • 停止されたAQuA のジョブは3回再試行可能で、その後失敗として返されます。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930