Power BI Connector for Zuora

Build 21.0.7823

DSN の作成

このセクションでは、DSN 設定の編集方法と、Zuora API へ認証および接続について説明します。

DSN 設定の編集

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください(コネクタのインストール 参照)。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. Power BI Desktop インストールのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Zuora への認証

Zuora はユーザー認証にOAuth 標準を使用しています。

OAuth 認証での認証

Tenant プロパティの設定

プロバイダへの有効な接続を作成するには、アカウントの設定と合致するテナント値を1つ選択する必要があります。以下は、利用可能なオプションのリストです。

  • USProduction:リクエストはhttps://rest.zuora.com に送信されます。
  • USAPISandbox:リクエストはhttps://rest.apisandbox.zuora.com に送信されます。
  • USPerformanceTest:リクエストはhttps://rest.pt1.zuora.com に送信されます。
  • EUProduction:リクエストはhttps://rest.eu.zuora.com に送信されます。
  • EUSandbox:リクエストはhttps://rest.sandbox.eu.zuora.com に送信されます。

デフォルトではUSProduction テナントを使用します。

Zuora サービスの選択

データクエリとAQuA API の2つのZuora サービスを使用します。デフォルトでは、ZuoraServiceAQuADataExport に設定されています。

DataQuery

データクエリ機能は、非同期の読み取り専用SQL クエリを実行することで、Zuora テナントからのデータのエクスポートを実現します。 このサービスは、素早く軽量なSQL クエリでの使用を推奨します。

制限

  • フィルタ適用後の、テーブルごとの入力レコードの最大数: 1,000,000
  • 出力レコードの最大数: 100.000
  • テナントごとの、実行用に送信される同時クエリの最大数: 5
  • テナントごとの、同時クエリの制限に達した後に実行用に送信され、キューに追加されるクエリの最大数: 10
  • 1時間単位での、各クエリの最大処理時間: 1
  • GB 単位での、各クエリに割り当てられるメモリの最大サイズ: 2
  • Index Join を使用する際のインデックスの最大値。言い換えれば、Index Join を使用する際にWHERE 句で使われる一意の値に基づいた、左のテーブルから返されるレコードの最大数: 20.000

AQuADataExport

AQuA API のエクスポートは、すべてのオブジェクト(テーブル)のすべてのレコードをエクスポートするように設計されています。AQuA のクエリジョブには以下の制限があります。

制限

  • AQuA のジョブ内のクエリが8時間以上実行されている場合、ジョブは自動的に停止されます。
  • 停止されたAQuA のジョブは3回再試行可能で、その後失敗として返されます。

次のステップ

次の手順については、データの取得 を参照してください。作業したいデータへの接続について説明します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7823