ODBC Driver for Google Cloud Storage

Build 20.0.7746

サービス

[サービス]タブでは、ODBC ドライバーへのMySQL またはSQL Server 接続をプロキシするサービスを構成します。サービスをWindows サービスとして実行するには、[ステータス]タブの[Windows サービスとして実行]を選択します。

TLS/SSL の設定など、追加の接続設定についてはその他 を参照してください。

サービスの設定

次の設定では、プロキシサービスを設定します。SQL Gateway はシステムDSN 経由で接続するため、Windows 管理者権限を持っている必要があることに注意してください。

  • サービス名:データベース名を指定します。
  • SQL Server またはMySQL:エミュレートするデータベースを選択します。
  • データソース:SQL Server またはMySQL データベースとしてアクセスするODBC データソースのシステムDSN を選択します。

  • SSL:TLS/SSL を使用してクライアント接続を暗号化するには、このオプションを選択します。SQL Server データベースにはTLS/SSL の設定が必要です。サーバー証明書を設定するには、その他 を参照してください。
  • ポート:サービスがリッスンするポートを選択します。
  • Gateway で公開:このオプションを有効にすると、SSH サーバー経由でファイアウォールされたデータベースにリモートアクセスできるようになります。最初に、トンネリング タブでSSH Tunnel 機能を設定する必要があります。SSH サーバーが実行中の場合は、SQL Gateway は自動的にそのサーバーのポートを選択します。SSH サーバーに接続する際は、Remote Port値を指定します。

起動の設定

Windows サービスには、次の起動オプションがあります。

  • Automatic:サービスは起動時に自動的に開始されます。

  • Manual:マニュアル起動に設定されたサービスは、SQL Gateway などのアプリケーションやスクリプトから手動で開始されます。
  • Disabled:サービスは、サービススナップインからMicrosoft 管理コンソールまたはタスクマネージャで手動でのみ開始されます。
Windows サービスは、SQL Gateway の[サービス]タブ、またはMicrosoft 管理コンソールへのサービススナップインから起動できます。スナップインをロードするには、[スタート]メニューに"run" と入力し、"services.msc" と入力します。

ログオプション

起動やシャットダウンのようなサービスに関する基本情報は、ステータス タブに表示されます。

より詳細なサービス固有のログを取得するには、[ログモード]オプションを選択し、[サービス]タブからアクセスできるサービス設定ダイアログで[ファイルにログを記録する]オプションを有効にします。

[その他]タブのログオプションは、設定されたサービスの起動や停止時にファイルに記録され、SQL Gateway アプリケーション自体にエラーが発生した場合にも記録されます。

着信接続の管理

アイドル接続タイムアウトのような高度なデータベース接続設定は、その他 タブで利用可能です。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7746