Excel Add-In for CockroachDB

Build 22.0.8397

接続の確立

接続プロファイルの設定

[CData]リボンから[データの取得]をクリックし、[取得元:CockroachDB]> 設定済みの接続 を選択してCData クエリウィンドウを起動します。新しい接続を設定するには、[新しいCockroachDB 接続]をクリックします。ここでは、接続の設定、接続のテスト、および接続プロファイルの保存を行うことができます。

CockroachDB への接続

データに接続するには以下を設定します。

  • Server:サーバーのホスト名またはIP アドレス。
  • Port:CockroachDB サーバーのポート番号。指定されない場合、デフォルトのポートは26257 です。
  • Database:Cockroach データベースの名前。指定されない場合は、本製品 はユーザーのデフォルトデータベースに接続されます。
  • User:認証に使用されるCockroach DB ユーザーアカウント。
  • Password:ユーザーの認証で使用されるパスワード。

接続プロパティ

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

接続の管理

CockroachDB への認証に成功すると、インポートするデータをカスタマイズすることができます。詳しくは、接続の管理 を参照してください。

関連項目

  • データのクエリ:[データ選択]ウィザードを使用してスプレッドシートにデータをプルします。また、ここではスケジュールされたデータのリフレッシュも設定できます。
  • Excel アドインの使用:利用可能なCData Excel 関数 を使用するなど、CockroachDB データとやり取りする他の方法が見つかります。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397