Power BI Connector for CockroachDB

Build 22.0.8397

コネクタの使用

Power BI は、ダイレクトおよびインポートされたデータソースの両方を使用でき、データをクエリ、接続、および成形するためのいくつかの方法を使用できます。データに接続したら、データを編集またはロードしてレポートの作成を開始できます。

データコネクタの使用

データへの接続 では、データに接続後、データを編集またはロードしてレポートを作成する方法を説明します。データのクエリ では、データソースに直接接続してデータをクエリする方法を説明し、CockroachDB をクエリするレポートを作成する手順について詳しく説明します。

データのクエリ

CData Power BI Connector for CockroachDB は、Power BI のクエリタイプを活用しています。

  • ダイレクトクエリ:ソースのデータに直接接続して、リアルタイムでデータを可視化します。
  • データインポート:必要に応じてリフレッシュできるデータをレポートに埋め込みます。これはデータを取得する最も一般的な方法です。データのインポートには、Power BI の強力なクエリエンジンを利用します。

データの可視化

接続してデータにアクセスできたら、データの可視化を開始できます。リモートデータを扱う際に、フィルタの定義、データの集計、およびテーブルの結合を行うことで、ビジュアライゼーションを作成およびリファインできます。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397