Power BI Connector for CockroachDB

Build 22.0.8397

DSN の作成

このセクションでは、DSN 設定の編集方法と、CockroachDB API へ認証および接続について説明します。

DSN 設定の編集

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください(コネクタのインストール 参照)。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. Power BI Desktop インストールのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

CockroachDB への接続

データに接続するには以下を設定します。

  • Server:サーバーのホスト名またはIP アドレス。
  • Port:CockroachDB サーバーのポート番号。指定されない場合、デフォルトのポートは26257 です。
  • Database:Cockroach データベースの名前。指定されない場合は、本製品 はユーザーのデフォルトデータベースに接続されます。
  • User:認証に使用されるCockroach DB ユーザーアカウント。
  • Password:ユーザーの認証で使用されるパスワード。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397