Cmdlets for Google Data Catalog

Build 21.0.7930

SupportEnhancedSQL Parameter (Connect-GoogleDataCatalog Cmdlet)

このプロパティは、API から直接サポートされる範囲を超えるSQL 機能の拡張は、インメモリによるクライアントサイド処理を有効にすることで可能になります。

Syntax

Connect-GoogleDataCatalog -SupportEnhancedSQL bool

Data Type

bool

Default Value

true

Remarks

SupportEnhancedSQL がtrue に設定されている場合、本製品 はGoogle Data Catalog にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリをインメモリで処理します。この方法で、本製品 はサポートされていない宣言、JOIN、および集計を実行することができます。

SupportEnhancedSQL がfalse に設定されている場合、本製品 はSQL 実行をGoogle Data Catalog API でサポートされている範囲に制限します。

宣言の実行

本製品 は、どの句がデータソースでサポートされているかを決定し、クエリを充足する最小セットの行を取得するためにソースにクエリを送信します。そして、残りの行をローカルでフィルタリングします。フィルタリング処理がストリームされている場合、本製品 は大きなデータセットに対しても効率よいフィルタリングが可能です。

JOIN 実行

本製品 は、インメモリでのJOIN でさまざまな技術を使用します。本製品 は、メモリ使用量と同じテーブルを複数回読む要求をトレードオフします。

集計の実行

本製品 は、インメモリで集計を処理するために必要なすべての行を取得します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930