Power BI Connector for FinancialForce

Build 21.0.7930

Miscellaneous

This section provides a complete list of the Miscellaneous properties you can configure in the connection settings for this provider.


PropertyDescription
AllOrNoneA boolean indicating if you would like all inserts, updates, or deletes to fail in a request if even a single record fails.
ArchiveModeBoolean indicating whether to include deleted and archived records with a standard SELECT query.
ContinueOnAlterExceptionWhether you want to continue after a ALTER statement has failed.
DirectQueryLimitDirectQuery モードを使用する場合の行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
EnableForeignKeyDetectionODBC で外部キーを検出するかどうか。
FilterScopeOptional scope to limit the records returned from queries.
IncludeMetadataDescriptionSet this property to a value other than NONE if you want to retrieve the descriptions for columns, tables or both of them from the Metadata API.
MaximumColumnSizeカラムの最大サイズ。
MaxRowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
PseudoColumnsこのプロパティは、テーブルのカラムとして疑似カラムが含まれているかどうかを示します。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からFinancialForce へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
ServerSideAggregationA boolean determining if server side aggregation should be used.
SessionTimeoutThe time in minutes for which a FinancialForce login session is reused.
SkipFormulaFieldsSet to true if formula fields should be skipped when listing columns.
SupportEnhancedSQLこのプロパティは、API から直接サポートされる範囲を超えるSQL 機能の拡張は、インメモリによるクライアントサイド処理を有効にすることで可能になります。
Timeoutタイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。
UseDisplayNamesBoolean determining if the display names for the columns should be used instead of the API names.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930