JDBC Driver for Azure Data Lake Storage

Build 23.0.8671

CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage

概要

CData JDBC Driver for Azure Data Lake Storage を使用すると、Java ベースのアプリケーションおよび開発テクノロジーから簡単にAzure Data Lake Storage データに接続することができます。本製品 により、統合が容易な100% Java JDBC ドライバーでAzure Data Lake Storage データに複雑な操作なしにアクセスができます。 アプリケーションはAzure Data Lake Storage にトラディショナルなデータベースとしてアクセスできます。 本製品 はデータへのアクセスの問題を解決し、パワフルなセキュリティ機能、スマートキャッシング、バッチ処理、ソケットマネジメントなどを実現します。

主要機能

  • SQL でAzure Data Lake Storage データを取得。
  • JDBC 3.0 およびJDBC 4.0 に準拠。
  • 一般的なBI、帳票、ETL ツールとのコーディングなしの統合。

はじめに

Azure Data Lake Storage データへの認証および接続に関する詳しい説明は、はじめに を参照してください。 他のアプリケーションからの接続については、Azure Data Lake Storage データ連携ガイドおよびチュートリアルのリスト を参照してください。

NOTE: ライセンスファイルcdata.jdbc.adls.lic は、JAR filecdata.jdbc.adls.jar と同じ場所に配置する必要があります。詳しくは、readme ファイルを参照してください。

JDBC Driver の使用 / ツールからの使用

Azure Data Lake Storage データを処理するためのDataSource、Connection、Statement、ResultSet、その他の標準JDBC クラスの使用例については、JDBC の使用 を参照してください。

ツールからの使用 では、JDBC ツールとの統合の手順を一般的なデータベースツールを例に挙げて説明します。

スキーマ検出

標準のJDBC インターフェースを介してスキーマ情報にアクセスするには、スキーマ検出 を参照してください。データソース機能などの追加のメタデータにアクセスするには、システムテーブル をクエリします。

高度な機能

高度な機能 では本製品 でサポートされている、ユーザー定義ビューの定義、SSL 設定、リモーティング、キャッシング、ファイアウォールとプロキシ設定、高度なログの記録など、高度な機能の詳細を説明します。

JDBC リモーティング

JDBC データソースへのリモートアクセスを設定する方法については、JDBC リモーティング を参照してください。JDBC リモーティング機能を使用すると、サーバー上にJDBC 接続をホストでき、事実上どこからでも接続が可能になります-- 異なるプラットフォーム(Java、.NET、C++、PHP、Python など)で標準ベースのテクノロジー(ODBC、JDBC など)を使用しているさまざまなクライアントからの接続が可能です。JDBC リモーティングは、一般的なMySQL ワイヤプロトコルサーバーを使用して有効になります。

SQL 準拠

構文のリファレンスとサポートされているSQL の概要を示すコード例については、SQL 準拠 を参照してください。

データモデル

利用可能なエンティティと、それらをクエリする方法については、データモデル を参照してください。

接続文字列オプション

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

Copyright (c) 2023 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8671