ODBC Driver for Splunk

Build 23.0.8791

MySQL Workbench からの接続

MySQL Workbench のようなクライアントは、Splunk ODBC データソースに仮想MySQL データベースとして接続できます。このセクションでは、MySQL Workbench で仮想MySQL データベースとしてODBC リモーティングを設定する方法について説明します。

SQL Gateway の設定

SQL Gateway 管理ツールで仮想MySQL データベースを作成するには:

  1. プロキシサービスをサービスタブで設定および開始します。
  2. データベースユーザーをユーザー タブで設定します。
  3. TLS/SSL 経由で接続する必要がある場合は、その他 タブで設定します。
  4. トンネリング を設定して、ファイアウォールの背後でホストされているサービスにアクセスします。

データベースへの接続

  1. メインメニューでDatabase -> Connect to Database を選択します。
  2. 接続に名前をつけます。新規ダイアログが表示されます。
  3. ダイアログのフィールドを完成させます。
    • Hostname およびPort:サービスのホスト名およびポート。トンネリング で接続する場合は、トンネルのIP / ポートを指定してください。
    • Username:SQL Gateway で作成したユーザーアカウントのユーザー名。
接続のテストをクリックするとパスワードを求められます。サービスの設定時にSSL を有効にした場合は、SQL Gateway のデジタル証明書を受け入れるよう求めるプロンプトも表示されます。 証明書はその他 タブで設定できます。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791