ODBC Driver for Splunk

Build 23.0.8791

macOS DSN の構成

このセクションでは、macOS でODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を示します:

macOS の最小バージョン

CData ODBC Driver for Splunk 本製品 にはmacOS Sierra (10.12) 以上が必要です。

ドライバーのライセンス

端末で次のコマンドを実行して、本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for Splunk/bin"
sudo ./install-license.sh <key>

名前とパスワードを入力するよう求められます。これらは、あなたの名前とマシンのパスワードを指します。

Splunk API への接続

URL を、有効なSplunk サーバーに指定する必要があります。デフォルトでは、本製品 はポート8089 でリクエストを行います。

デフォルトでは、本製品 はサーバーとのTLS / SSL ネゴシエーションを試みます。TLS / SSL 設定について詳しくは、SSL の設定 を参照してください。

Splunk への認証

Splunk データを認証する方法は2つあります。Splunk クレデンシャルでログインする方法と、Splunk 認証トークンを使用する方法です。

Splunk クレデンシャル

Splunk クレデンシャルで認証するには、UserPassword をログインクレデンシャルに設定します。

Splunk トークン

認証トークンを介してSplunk にアクセスすると、Representational State Transfer(REST)コールを使用してSplunk プラットフォームにアクセスできます。 Splunk Enterprise では、CLI を使用することも可能です。これらの方法はいずれも、クレデンシャルを介して認証することなくインスタンスにアクセスし、リクエストを行うことを可能にします。

Note: サーチヘッドクラスター(利用可能なすべてのヘッドクラスターにアクセスするために同じトークンを使用できます)にアクセスする場合を除き、アクセスするインスタンスごとに個別のトークンを持つ必要があります。

Splunk トークンで認証するには:

  1. Splunk UI で、Users and Authentication -> Tokens に移動して割り当てられた認証トークンにアクセスします。取得していない場合は、アクセスしたいインスタンスの管理者にリクエストしてください。
  2. AuthScheme をAccessToken に設定し、AccessToken プロパティをSplunk トークンに設定します。

ドライバーのアンインストール

ドライバーをアンインストールする最も簡単な方法は、ターミナルを開いて、インストールディレクトリにあるuninstall.sh スクリプトを実行します。次に例を示します。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for Splunk"
sudo ./uninstall.sh

Note:このスクリプトはインストールディレクトリから実行される必要があります。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791