ODBC Driver for Splunk

Build 23.0.8791

Windows DSN の構成

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. スタート -> 検索 を選択し、検索ボックスにODBC データソース と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. システムDSN タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して構成をクリックします。
  5. 接続タブの情報を編集してOK をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2015-2022 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

レジストリへのアクセスの確保

本製品 は、接続情報をWindows レジストリに保存します。本製品 がレジストリに書き込みできるようにするには、以下のいずれかの操作を実行します。

  1. 呼び出すアプリケーションを管理者として実行する。
  2. システムDSN 経由ではなく、ユーザーDSN 経由で接続する。

Splunk API への接続

URL を、有効なSplunk サーバーに指定する必要があります。デフォルトでは、本製品 はポート8089 でリクエストを行います。

デフォルトでは、本製品 はサーバーとのTLS / SSL ネゴシエーションを試みます。TLS / SSL 設定について詳しくは、SSL の設定 を参照してください。

Splunk への認証

Splunk データを認証する方法は2つあります。Splunk クレデンシャルでログインする方法と、Splunk 認証トークンを使用する方法です。

Splunk クレデンシャル

Splunk クレデンシャルで認証するには、UserPassword をログインクレデンシャルに設定します。

Splunk トークン

認証トークンを介してSplunk にアクセスすると、Representational State Transfer(REST)コールを使用してSplunk プラットフォームにアクセスできます。 Splunk Enterprise では、CLI を使用することも可能です。これらの方法はいずれも、クレデンシャルを介して認証することなくインスタンスにアクセスし、リクエストを行うことを可能にします。

Note: サーチヘッドクラスター(利用可能なすべてのヘッドクラスターにアクセスするために同じトークンを使用できます)にアクセスする場合を除き、アクセスするインスタンスごとに個別のトークンを持つ必要があります。

Splunk トークンで認証するには:

  1. Splunk UI で、Users and Authentication -> Tokens に移動して割り当てられた認証トークンにアクセスします。取得していない場合は、アクセスしたいインスタンスの管理者にリクエストしてください。
  2. AuthScheme をAccessToken に設定し、AccessToken プロパティをSplunk トークンに設定します。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791