ODBC Driver for Splunk

Build 23.0.8791

Miscellaneous

このセクションでは、本プロバイダーの接続設定で設定可能なMiscellaneous プロパティの全リストを提供します。


プロパティ説明
BatchSize送信する各バッチ処理の最大サイズ。
DefaultDomainこのプロパティは、Oracle Database Gateway for ODBC で使用されます。
EnableForeignKeyDetectionODBC で外部キーを検出するかどうか。
IncludeDualTableOracle データベースとの互換性を向上するためにOracle DUAL テーブルのモックを作成するには、このプロパティを設定します。
IncludeInternalFieldsWhether or not the CData ADO.NET Provider for Splunk should push the internal fields. These fields include: user, eventtype, etc.
LimitKeySize主キーカラムの最大長。
MapBigintToVarcharThis property controls whether or not the bigint type maps to SQL_VARCHAR instead of SQL_BIGINT. This property is false by default.
MapToIntこのプロパティは、Long 型がSQL_BIGINT の代わりにSQL_INTEGER にマップされるかどうかをコントロールします。デフォルトはfalse です。
MapToLongVarcharこのプロパティは、カラムをSQL_LONGVARCHAR として返すかどうかを制御します。
MapToWVarcharこのプロパティは、文字列型をSQL_VARCHAR ではなくSQL_WVARCHAR にマッピングするかどうかを制御します。デフォルトではSQL_WVARCHAR が設定されます。
MaximumColumnSizeカラムの最大サイズ。
MaxRowsクエリで集計またはGROUP BY を使用しない場合に返される行数を制限します。これはLIMIT 句よりも優先されます。
MaxThreadsSpecifies the number of concurrent requests. Only used when UseJobs is true.
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
PagesizeSplunk から返されるページあたりの結果の最大数。
PseudoColumnsこのプロパティは、テーブルのカラムとして疑似カラムが含まれているかどうかを示します。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からSplunk へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
RowScanDepthSet this property to control the number of rows scanned when TypeDetectionScheme is set to RowScan.
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
Timeoutタイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。
TypeDetectionSchemeDetermines how to determine the data type of columns.
UpperCaseIdentifiersこのプロパティは、大文字で設定されているすべての識別子を報告します。これは、Oracle データベースのデフォルト設定で、Oracle Database Gateway のようなOracle ツールとの統合を向上します。
UseJobsSpecifies whether to use the jobs endpoint instead of the export endpoint. If set to true, the maximum number of returned rows is configured Splunk's limit.conf file.
UserDefinedViewsカスタムビューを含むJSON コンフィギュレーションファイルを指すファイルパス。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791