ODBC Driver for SAP Concur

Build 23.0.8791

データモデル

本製品 は、Travel/Itinerary API およびExpense API をリレーショナルデータベースとしてモデル化し、Reports、Entries、Attendees のようなテーブルビュー へのアクセスを可能にします。 ストアドプロシージャ はデータソースへのファンクションライクなインターフェースです。これらを使用して、データソース内の情報を検索、更新、および変更できます。例えばCancelTrip

スキーマのカスタマイズ

データベースオブジェクトはスキーマファイルにて定義されます。スキーマファイルは、スキーマを簡単にカスタマイズおよび拡張できるシンプルなテキストベースのコンフィギュレーションファイルです。

デフォルトでは、スキーマはインストールディレクトリのdb サブフォルダにあります。別のフォルダを使用するには、Location を設定します。CreateSchema ストアドプロシージャを呼び出してスキーマファイルを保存します。

クエリ処理の使用

本製品 は、SAP Concur API にできるだけ多くのSELECT 構文処理をオフロードし、残りのクエリを本製品 内で処理します。次のセクションでは、API の制限と要件を説明します。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791