ODBC Driver for SAP Concur

Build 23.0.8791

macOS DSN の構成

このセクションでは、macOS でODBC 接続をセットアップしDSN を設定する方法を示します:

macOS の最小バージョン

CData ODBC Driver for SAP Concur 本製品 にはmacOS Sierra (10.12) 以上が必要です。

ドライバーのライセンス

端末で次のコマンドを実行して、本製品 のライセンスを取得します。評価版をアクティベートするには、<key> の入力を省略してください。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for SAP Concur/bin"
sudo ./install-license.sh <key>

名前とパスワードを入力するよう求められます。これらは、あなたの名前とマシンのパスワードを指します。

SAP Concur への認証

SAP Concur はOAuth 認証のみサポートします。この認証を有効にするには、すべてのOAuth フローでAuthSchemeOAuth に設定し、カスタムOAuth アプリケーションを作成する必要があります。

デスクトップアプリケーション

カスタムOAuth アプリケーションの資格情報を使用して認証するには、OAuth アクセストークンを取得し、更新する必要があります。これらを設定すると、接続の準備が整います。

OAuth アクセストークンの取得およびリフレッシュ:

  • InitiateOAuthGETANDREFRESHOAuthAccessToken を自動的に取得およびリフレッシュするために使用します。
  • OAuthClientId:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
  • OAuthClientSecret:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。
  • CallbackURL:アプリケーションの登録時に定義されたリダイレクトURI。

接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでSAP Concur のOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。

アクセストークンの期限が切れたときは、本製品 は自動でアクセストークンをリフレッシュします。

Note: OAuth グラント種別と、デスクトップクライアントアプリケーションがOAuth2 エンドポイントを呼び出してトークンを取得する方法については、 この章で後述する「デスクトップ認証グラント種別」を参照してください。

ヘッドレスマシン

ヘッドレスマシンに置かれているリソースにログインする必要がある場合は、インターネットブラウザに対応した別の端末で認証する必要があります。 以下のいずれかの方法で行います。

  • オプション1:OAuthVerifier 値を取得します。
  • オプション2:インターネットブラウザに対応したマシンに本製品 をインストールし、通常のブラウザベースのフローで認証した後でOAuth 認証値を転送します。

オプション1またはオプション2を実行後、ヘッドレスマシンからアクセストークンを自動的にリフレッシュするようにドライバーを設定します。

オプション1:Verifier code を取得および交換

Verifier code を取得するには、OAuth Authorization URL で認証する必要があります。以下の手順に従います。

  1. インターネットブラウザに対応したマシンから認証してOAuthVerifier 接続プロパティを取得します。

    次のプロパティを設定します。

    • InitiateOAuthOFF
    • OAuthClientId:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
    • OAuthClientSecret:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。

  2. GetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。ストアドプロシージャは、カスタムOAuth アプリケーションが登録されたときに構築されたCallbackURL を返します。 (カスタムOAuth アプリケーションの作成 を参照してください。)

    このURL をコピーして、新しいブラウザのタブに貼り付けます。

  3. ログインして、本製品 にアクセス許可を与えます。OAuth アプリケーションは、code というパラメータを付加したリダイレクトURI にリダイレクトします。このパラメータの値を控えておきます。OAuthVerifier 接続プロパティを設定するために、後で必要になります。

  4. OAuth verifier code をOAuth リフレッシュトークンおよびアクセストークンと交換します。ヘッドレスマシンでは、次の接続プロパティを設定してOAuth 認証値を取得します。

    • InitiateOAuthREFRESH
    • OAuthVerifier:控えておいたverifier code(リダイレクトURI のcode パラメータの値)。
    • OAuthSettingsLocation:暗号化されたOAuth 認証値を指定されたファイルに永続化。
    • OAuthClientId:カスタムOAuth アプリケーション設定のクライアントId。
    • OAuthClientSecret:カスタムOAuth アプリケーション設定のクライアントシークレット。

  5. 接続をテストしてOAuth 設定ファイルを生成します。

  6. 次のプロパティを再設定して、接続してください。

    • InitiateOAuthREFRESH
    • OAuthSettingsLocation:暗号化されたOAuth 認証値を含むファイル。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするには、このファイルが本製品 に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
    • OAuthClientId:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
    • OAuthClientSecret:アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。

オプション2:OAuth 設定を転送

ヘッドレスマシンでの接続に先立ち、インターネットブラウザに対応したデバイスでドライバーとの接続をインストールし、作成する必要があります。上述の「デスクトップアプリケーション」の説明に従って、接続プロパティを設定します。

「デスクトップアプリケーション」の手順が完了すると、生成された認証値は、OAuthSettingsLocation で指定されたパスに暗号化されて書き込まれます。デフォルトのファイル名はOAuthSettings.txt です。

接続をテストしてOAuth 設定ファイルを生成し、OAuth 設定ファイルをヘッドレスマシンにコピーします。

ヘッドレスマシンでデータに接続するには、次の接続プロパティを設定します。

  • InitiateOAuthREFRESH
  • OAuthSettingsLocation:ブラウザでマシンからコピーしたOAuth 設定ファイルへのパス。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、このファイルが本製品 に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
  • OAuthClientId:カスタムOAuth アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
  • OAuthClientSecret:カスタムOAuth アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。

デスクトップ認証グラント種別

トークンを取得するには、クライアントアプリケーションは、必要な認証シナリオに応じ、さまざまなグラントを使用してOauth2 エンドポイントを呼び出す必要があります。CData のドライバーがサポートするシナリオは、CODE とPASSWORD グラント種別です。

CODE

CODE はデフォルトのOAuthGrantType です。前述の設定に加え、CODE グラント種別を使用するには、次の追加設定が必要です。

  • UseSandbox:実装サーバーを経由して認証している場合は、 これをTrue に設定します。
  • Region:他の資格情報とともに受信した地理位置情報のリージョン。利用可能な値は、EU(ヨーロッパ)、CN(中国)、およびUS(デフォルト)です。

PASSWORD

PASSWORD グラントは、ユーザーとアプリケーションの間に信頼関係がある場合に、デスクトップアプリケーションで使用することができます。

前述の設定に加え、PASSWORD グラント種別を使用するには、次の追加設定が必要です。

  • AuthSchemeOAuthPassword
  • Username:ユーザーネームまたはユーザーId。
  • Password:ユーザーのパスワード。
  • UseSandbox:実装サーバーを使用して認証している場合は、これをTrue に設定します。

Company-Level 認証

Company はSAP Concur プラットフォームの最上位プリンシパルです。アクセストークンとリフレッシュトークンは、ユーザーの場合と同じように、Company に代わって取得することができます。

カスタムOAuth アプリケーションの作成 の説明に従ってカスタムOAuth アプリケーションを作成したのち、Company Request Token を生成する必要があります。Company Request Token Tool が利用できる場合は、それを使うことができます。そうでない場合は、SAP Concur サポートチームに連絡して、Company Request Token を生成してもらう必要があります。

Company Request Token が正常に生成されると、リクエストトークンツールにCompany UUID とCompany Request Token が表示されます。これらの値は、後で使用するために保存しておきます。

Company-Level 認証を使用する場合、CODE グラント種別を使用するには、前述の設定に加えて次の追加設定が必要です。

  • AuthSchemeCompanyLevelAuth
  • CompanyId:会社固有の識別子。
  • CompanyRequestToken:生成されたCompany Request Token。
  • UseSandbox:実装サーバーを使用して認証している場合は、これをTrue に設定します。

SAP Concur ログインID 変数の使用

ログインID(ユーザーのログインID)は、OAuth 2.0 アクセストークンに関連付けられたユーザーアカウントが、以下のロールのいずれかを持つConcur アカウントを持っている場合に使用できます。
  • Web Services Administrator for Professional
  • Can Administer for Standard

ログインID をALL に設定すると、Login ID 引数をサポートするすべてのアカウントの情報が取得されます。

ドライバーのアンインストール

ドライバーをアンインストールする最も簡単な方法は、ターミナルを開いて、インストールディレクトリにあるuninstall.sh スクリプトを実行します。次に例を示します。

cd "/Applications/CData ODBC Driver for SAP Concur"
sudo ./uninstall.sh

Note:このスクリプトはインストールディレクトリから実行される必要があります。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791