Cmdlets for Cloudant

Build 22.0.8397

NoSQL データベース

Cloudant はスキーマレスなドキュメントデータベースで、高いパフォーマンス、使用性、およびスケーラビリティを提供します。これらの機能は、必ずしもSQL-92 のような標準準拠のクエリ言語と互換しないわけではありません。次のセクションでは、本製品 が複数のやり方によって、リレーショナルSQL とドキュメントデータベースのギャップの橋渡しをいかに行うかを説明します。

本製品 では、スキーマレスなCloudant オブジェクトをリレーショナルテーブルにモデル化し、SQL クエリをCloudant クエリに読み替えることで、要求されたデータを取得します。 さまざまなCloudant 操作がSQL としてどのように表されるかの詳細については、クエリマッピング を参照してください。

自動スキーマ検出 スキームでは、設定された行数のオブジェクトをスキャンすることで、自動的にCloudant 内のデータ型を見つけます。Cloudant コレクションのリレーショナル表現をコントロールするためにRowScanDepthFlattenArrays、およびFlattenObjects を使うことができます。

The schema of the table is necessary to report metadata, but you can write フリーフォームクエリ not tied to the schema to select, insert, update, or delete data from columns that do not exist in the schema.

The 本製品 supports listing Cloudant views and retrieving data from them. This is controlled by the ListViews property which is set to false by default. Set this property to true for Cloudant views to be displayed when listing tables.

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 22.0.8397