Tableau Connector for Cloudant

Build 21.0.7867

TypeDetectionScheme

各ドキュメントコレクションのフィールドおよびデータ型を決定するために、provider がデータをどのようにスキャンするかを示すオプション。

データ型

string

デフォルト値

"RowScan"

解説

Cloudant はスキーマレスなため、テーブルのカラムはテーブル行をスキャンすることで決定される必要があります。TypeDetectionScheme を設定すると、データ型の自動検出を切り替えることができます。型の検出を設定するには、RowScanDepth を設定します。

NoneTypeDetectionScheme をNone に設定した場合は、すべてのカラムは文字列型で返されます。
RowScanTypeDetectionScheme をRowScan に設定した場合は、ヒューリスティックにデータ型を決定します。RowScanDepth プロパティではスキャンする行数を決定します。

参照

型の検出は自動スキーマ検出 の一部です。FlattenArrays およびFlattenObjects を設定して、connector がどのように階層データに対してカラムを投影するかを設定します。

検出されたカラムとデータ型をCreateSchema を呼び出すことによって微調整してスキーマファイルを生成できます。スキーマファイルはシンプルな形式となっており、カラムの動作を簡単に変更できます。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7867