Cmdlets for Google Campaign Manager

Build 21.0.7930

カスタムクレデンシャル

カスタムOAuth アプリを作成するタイミング

ユーザーアカウント認証

カスタムOAuth アプリの作成は、本製品 がすでにGoogle Campaign Manager に登録されていて埋め込みクレデンシャルで接続できるため任意です。

カスタムOAuth アプリを作成して、ユーザーがGoogle Campaign Manager OAuth エンドポイントにログインして本製品 にアクセス権を与えるときに表示される情報を変更することもできます。

サービスアカウント認証

サービスアカウントフローではOAuth アプリを作成する必要があります。

ユーザーアカウントで認証する

カスタムOAuth アプリでのデスクトップ認証

カスタムOAuth アプリの作成 後、下記の手順に従って、カスタムアプリの資格情報を使用して認証します。

OAuth アクセストークンの取得およびリフレッシュ

次を設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリの登録時に割り当てられたクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリの登録時に割り当てられたクライアントシークレットに設定。
  • ProfileID:接続するDoubleClick User Profile ID に設定。この値はProfiles テーブルから取得できます。指定しない場合は、初めに返されたUser Profile が使われます。
接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。

サービスアカウントで認証する

サービスアカウントには、ブラウザによるユーザー認証なしのサイレント認証があります。また、サービスアカウントを使用して、エンタープライズ全体のアクセススコープを本製品 に付与することもできます。

このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。アプリの作成および認可については、カスタムOAuth アプリの作成 を参照してください。

これでサービスアカウントにアクセス権があるGoogle Campaign Manager データに接続できます。次の接続プロパティを設定して、接続してください。

  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • OAuthJWTCertType:PEMKEY_FILE に設定。
  • OAuthJWTCert:生成した.pem ファイルのパスに設定。
  • OAuthJWTCertPassword:.pem ファイルのパスワードに設定。
  • OAuthJWTCertSubject:"*" に設定すると、証明書ストアの1番目の証明書が選択されます。
  • OAuthJWTSubject:サブジェクトタイプが[enterprise]に設定されている場合は、これをエンタープライズID に設定します。[user]に設定されている場合は、アプリのユーザーID に設定します。
  • ProfileID:接続するDoubleClick User Profile ID に設定。この値はProfiles テーブルから取得できます。指定しない場合は、初めに返されたUser Profile が使われます。
接続すると、本製品 はサービスアカウントでのOAuth フローを完了します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930