ODBC Driver for kintone

Build 21.0.7877

Windows DSN の構成

Microsoft [ODBC データソースアドミニストレーター]の使用

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. アプリケーションのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

Note: .NET Framework 4.0 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージを配布します。.NET Framework 3.5 の場合、本製品 はMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージを配布します。

kintone への接続

認証値に加えて、下記のパラメータを使いkintone に接続しデータを取得します。

  • Url:アカウントのURL。
  • GuestSpaceId:オプション。ゲストスペースを使用するときに設定。

kintone への認証

kintone は、以下の認証メソッドをサポートしています。

パスワード認証の使用

kintone への認証には、以下を設定する必要があります。

  • User:アカウントのユーザー名。
  • Password:アカウントのパスワード。
  • AuthScheme:AuthScheme をPassword に設定。

APIToken 認証の使用

kintone への認証には、以下を設定する必要があります。

  • APIToken:API トークン。

    API トークンを生成するには、特定のアプリにアクセスして歯車アイコンをクリックしてください。[設定]->[APIトークン]に移動します。[生成する]ボタンをクリックすると、API トークンが生成されます。

  • AppId:アプリID。

    AppId はkintone UI ダッシュボードの[アプリ]内に並んだ特定のアプリの番号です。

  • AuthScheme:AuthScheme をAPIToken に設定。

追加のセキュリティ

これまでに説明した認証スキームに加えて、kintone はBasic 認証ヘッダーおよびSSL 証明書の形で追加のセキュリティを提供します。

クライアントSSL の使用

認証情報に加えて、リクエストの受け入れにSSL 証明書が必須となるようkintone を設定することができます。そのためには、次を設定してください。

  • SSLClientCert - SSL 証明書の証明書を含むファイル。または、クライアント証明書のための証明書ストア名。
  • SSLClientCertType - 証明書の種類。
  • SSLClientCertSubject - (オプション)証明書ストアで証明書を検索する際に、ストア内でこのプロパティの値を含むサブジェクトを検索します。
  • SSLClientCertPassword - 証明書ストアでパスワードが必要とされる際に、このプロパティを使用してパスワードを指定し、証明書ストアにアクセスできます。

Basic 認証の使用

Basic 認証を使用しているkintone 環境では、追加のBasic 資格情報を渡す必要があります。そのためには、次を設定してください。

  • BasicAuthUser - Basic ログイン名。
  • BasicAuthPassword - Basic パスワード。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7877