Tableau Connector for Google Calendar

Build 20.0.7712

MyCalendar

カレンダーのイベントを作成、更新、削除、およびクエリします。

テーブル固有の情報

この例では、カレンダーがどのようにテーブルとして表されるかを説明します。

Select

特定のカレンダーのイベントをクエリします。

Select * FROM [MyCalendar]

Insert

カレンダーに新しいイベントを作成します。少なくてもStartDateTime およびEndDateTime が指定されている必要があります。

INSERT INTO [MyCalendar] (Summary, Description, StartDateTime, EndDateTime) VALUES ('Great Event', 'Description for event', '8/27/2017', '8/28/2017')

新しいイベントを挿入する際には、AttendeesEmails およびAttendeesDeisplayNames には複数の値を指定することが可能です。

Insert Into [MyCalendar] (StartDateTime,EndDateTime,AttendeesEmails#1,AttendeesEmails#2) VALUES ('2017-03-15 15:00','2017-03-15 20:00','test@test.com','test1@test.com')

Update

特定のイベントの詳細を更新します。更新されるイベントのId が指定される必要があります。

UPDATE [MyCalendar] SET Summary='Updated Summary 2' WHERE Id='8ba774m3anenroqcepfi7ka6ok'

削除

イベントの削除は、Id を指定して行います。

Delete FROM [MyCalendar] WHERE Id='8ba774m3anenroqcepfi7ka6ok'

Columns

Name Type ReadOnly Description
Id [KEY] String True

イベントのId。

CalendarId String True

カレンダーId

Summary String False

イベントのタイトル。

Description String False

イベントの説明。

Location String False

イベントの地理的な場所(自由な形式のテキスト)。

AllDayEvent Boolean False

この値は、イベントが終日イベントかどうかを設定します。

StartDate Date False

終日イベントの場合の開始日。

StartDateTime Datetime False

イベントの開始時刻(この時刻を含む)。定期的なイベントの場合、この値は最初のインスタンスの開始時刻です。

StartDateTimeZone String False

開始日時が指定されるタイムゾーン。

EndDate Datet False

終日イベントの場合の終了日。

EndDateTime Datetime False

イベントの終了時刻(この時刻を含まない)。定期的なイベントの場合、この値は最初のインスタンスの終了時刻です。

EndDateTimeZone String False

終了日時が指定されるタイムゾーン。

OriginalStartTimeDateTime Datetime False

識別される定期的なイベントの定期的なデータに従ってイベントが開始される時刻です。

SendNotification Boolean False

この値は、挿入または更新の実行時に通知を送信するかどうかを設定します。

Kind String True

リソースのタイプ。calendar#event形式で返されます。

ETag String True

リソースのETag。

Status String False

イベントのステータス。

HTMLLink String True

Google Calendar Web UI内のイベントへの絶対リンク。

Created Datetime True

イベントの作成時刻。

Updated Datetime True

イベントの最終変更時刻。

ColorId Integer False

イベントの色。これは、色定義にあるイベントセクション内のエントリを参照するIDです。

CreatorEmail String True

作成者のE メールアドレス(利用可能な場合)。

CreatorDisplayName String True

作成者の名前(利用可能な場合)。

OrganizerEmail String False

開催者のE メールアドレス(利用可能な場合)。

OrganizerDisplayName String False

開催者の名前(利用可能な場合)。

Recurrences String False

定期的なイベントのRRULE、EXRULE、RDATE、EXDATEの各行から成るパイプ文字区切りリスト。単一イベントまたは定期的なイベントのインスタンスの場合、このフィールドは省略されます。この値を変更するには、OriginalStartTimeDateTime を設定する必要があります。

RecurringEventId String True

定期的なイベントのインスタンスにおいて、この値は、定期的なイベント自体のイベントIDです。

Transparency String False

この値は、イベントがカレンダー上の時刻をブロックするかどうかを設定します。transparentに設定すると、イベントはカレンダー上の時刻をブロックしません。opaqueに設定すると、イベントは時刻をブロックします。opaqueがデフォルト値です。

Visibility String False

イベントの表示/非表示。

ICalUid String True

iCalendar形式のイベントID。

Sequence String False

iCalendarによるシーケンス番号。

AttendeesEmails String False

参加者のE メールアドレスのカンマ区切りリスト(利用可能な場合)。

AttendeesDisplayNames String False

参加者の名前のカンマ区切りリスト(利用可能な場合)。

AttendeesOmitted Boolean True

このフィールドは、イベントの開催から除外された参加者がいるかどうかを設定します。イベントの更新時にこのフィールドを使用して、実際の参加者の応答だけを更新できます。イベントを取得する際、返される参加者は、MaxAttendeesクエリパラメータに基づいて実際の参加者に制限されます。

ExtendedPropertiesPrivateKey String False

このフィールドには、カレンダーに表示されるイベントコピーに固有のプロパティが含まれます。

ExtendedPropertiesPrivateValue String False

このフィールドには、カレンダーに表示されるイベントコピーに固有のプロパティが含まれます。

ExtendedPropertiesSharedKey String False

このフィールドには、他の参加者のカレンダー上のイベントコピー間で共有されるプロパティが含まれます。

ExtendedPropertiesSharedValue String False

このフィールドには、他の参加者のカレンダー上のイベントコピー間で共有されるプロパティが含まれます。

AnyoneCanAddSelf Boolean True

この値は、誰でも自由にイベントに参加できるかどうかを設定します。

GuestsCanInviteOthers Boolean False

この値は、開催者以外の参加者がイベントに他の人を招待できるかどうかを設定します。

GuestsCanSeeOtherGuests Boolean False

この値は、開催者以外の参加者がイベントの参加者を参照できるかどうかを設定します。

GuestsCanModify Boolean False

この値は、開催者以外の参加者がイベントを変更できるかどうかを設定します。

PrivateCopy Boolean True

この値は、これが他のカレンダー上の他のコピーと変更を共有しないプライベートイベントコピーかどうかを設定します。

RemindersUseDefault Boolean False

この値は、カレンダーのデフォルトのアラームがイベントに適用されるかどうかを設定します。

ReminderOverrideMethods String False

アラーム方法のカンマ区切りリスト。有効な値はEMAIL、SMS、およびPOPUPです。

ReminderOverrideMinutes String False

対応するReminderOverrideMethod がイベントの開始何分前にトリガされるかを示すカンマ区切りリスト。

Pseudo-Columns

SELECT ステートメントのWHERE 句では、疑似カラムフィールドを使用して、データソースから返されるタプルを詳細に制御することができます。

Name Type Description
SearchTerms String

拡張プロパティを除くすべてのフィールドで、これらの言葉に合致するイベントを検索する自由テキスト検索語。

SingleEvents Boolean

定期的なイベントをインスタンスに展開するかどうか。デフォルト値はfalse です。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7712