Cmdlets for Google Calendar

Build 20.0.7654

Parameters (Connect-GoogleCalendar Cmdlet)

The following is the full list of the parameters of the cmdlet with short descriptions. Click the links for further details.

Parameter Required Description
AuthScheme    The type of authentication to use when connecting to Google Calendar. 
AutoCache    SELECT クエリの結果を、 CacheLocation 、または&rpCacheConnection と CacheProvider の両方で指定されたキャッシュデータベースに自動的にキャッシュします。 
CacheConnection    キャッシュデータベースの接続文字列。このプロパティは、常に CacheProvider と一緒に使用します。両プロパティを設定すると、データをキャッシュするための CacheLocation のバリューセットがオーバーライドされます。 
CacheLocation    キャッシュデータベースへのパスとファイル名を指定します。 
CacheMetadata    このプロパティは、テーブルメタデータをファイルストアにキャッシュするかどうかを決定します。 
CacheProvider    データのキャッシュに使用されるプロバイダーの名前。 
CacheTolerance    AutoCache 使用時のキャッシュ内の失効データに対する許容範囲の秒数。 
FirewallPassword    プロキシベースのファイアウォールへの認証に使われるパスワード。 
FirewallPort    プロキシベースのファイアウォールのTCP ポート。 
FirewallServer    プロキシベースのファイアウォールの名前もしくはIP アドレス。 
FirewallType    プロキシベースのファイアウォールで使われるプロトコル。 
FirewallUser    プロキシベースのファイアウォールに認証するために使うユーザー名。 
InitiateOAuth    接続時にOAuth アクセストークンを取得またはリフレッシュするプロセスを開始するには、このプロパティを設定します。 
Location    テーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを定義するスキーマファイルを格納するディレクトリへのパス。 
Logfile    ログファイルの名前と場所を指定するファイルパス。 
LogModules    ログファイルに含まれるコアモジュール。 
MaxLogFileCount    ログファイルの最大ファイル数を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成され、最も古いログファイルが削除されます。 
MaxLogFileSize    ログファイルの最大バイトサイズ(例えば、10MB)を指定する文字列。サイズリミットを超えると、日付と時刻が末尾に追加された新しいログが同じフォルダ内に作成されます。 
MaxRows    クエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。 
OAuthAccessToken  True  OAuth を使用して接続するためのアクセストークン。 
OAuthClientId    OAuth 認証サーバーを使用してアプリケーションを登録する場合に割り当てられたクライアントID。 
OAuthClientSecret    OAuth 認証サーバーにアプリケーションを登録する場合に割り当てられたクライアントシークレット。 
OAuthExpiresIn    OAuth アクセストークンの有効期限(秒単位)。 
OAuthJWTCert    JWT 証明書のストア。 
OAuthJWTCertPassword    OAuth JWT 証明書のパスワード。 
OAuthJWTCertSubject    OAuth JWT 証明書の件名。 
OAuthJWTCertType    JWT 証明書を格納するキーストアの種類。 
OAuthJWTIssuer    Java Web Token の発行者。 
OAuthJWTSubject    アプリケーションからデリゲートアクセスの要求対象となるユーザーサブジェクト。 
OAuthRefreshToken    対応するOAuth アクセストークンのためのOAuth リフレッシュトークン。 
OAuthSettingsLocation    InitiateOAuth がGETANDREFRESH、またはREFRESH に設定されているときの設定ファイルの場所。代わりに、memory:// で始まる値を指定することで、これをメモリに保持することができます。 
OAuthTokenTimestamp    現在のアクセストークンが作成されたときのUnix エポックタイムスタンプ(ミリ秒)。 
OAuthVerifier    OAuth 認可URL から返された検証コード。 
Offline    オフラインモードを使用して、ライブソースではなくキャッシュからデータを取得します。 
Other    これらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。 
ProxyAuthScheme    ProxyServer プロキシへの認証で使われる認証タイプ。 
ProxyAutoDetect    これは、システムプロキシ設定を使用するかどうかを示します。これは他のプロキシ設定よりも優先されるため、カスタムプロキシ設定を使用するにはProxyAutoDetect をFALSE に設定する必要があります。 
ProxyExceptions    ProxyServer 経由での接続が免除される宛先ホスト名またはIP のセミコロン区切りのリスト。 
ProxyPassword    ProxyServer プロキシへの認証に使われるパスワード。 
ProxyPort    ProxyServer プロキシが起動しているTCP ポート。 
ProxyServer    HTTP トラフィックをルートするためのプロキシのホストネームもしくはIP アドレス。 
ProxySSLType    ProxyServer プロキシへの接続時に使用するSSL タイプ。 
ProxyUser    ProxyServer プロキシへの認証に使われるユーザー名。 
PseudoColumns    このプロパティは、テーブルのカラムとして疑似カラムが含まれているかどうかを示します。 
Readonly    このプロパティを使用して、provider からGoogle Calendar へのアクセスを読み取り専用に設定できます。 
RTK    ライセンス供与で使用されるランタイムキー。 
SSLServerCert    TLS/SSL を使用して接続するときに、サーバーが受け入れ可能な証明書。 
SupportEnhancedSQL    このプロパティは、API から直接サポートされる範囲を超えるSQL 機能の拡張は、インメモリによるクライアントサイド処理を有効にすることで可能になります。 
Tables    このプロパティは、レポートされたテーブルを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Tables=TableA,TableB,TableC です。 
Timeout    タイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。 
Verbosity    ログファイルに含まれる詳細の量を決定するメッセージレベル。 
Views    レポートされたビューを使用可能なテーブルのサブセットに制限します。例えば、Views=ViewA,ViewB,ViewC です。 

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654