Power BI Connector for Google Calendar

Build 20.0.7654

GetOAuthAuthorizationURL

さまざまなGoogle サービスで認証で使用されるOAuth 認可URL を取得します。

Input

Name Type Required Description
Scope String True Google API へのアクセス権の範囲。デフォルトでは、このデータプロバイダーで使われるすべてのAPI へのアクセスが指定されます。

デフォルト値はhttps://www.googleapis.com/auth/calendarです。

CallbackURL String False このフィールドは、応答の送信先を指定します。このパラメータの値は、HTTP スキームまたはHTTPS スキーム、大文字小文字の区別、末尾のフォワードスラッシュ('/')などが、APIs Console に登録された値の1つに正確に一致しなければなりません。
Prompt String True このフィールドは、ユーザーに提示するプロンプトを示します。デフォルトはCONSENT です。そのため、特定のスコープのセットについてアプリケーションに以前に同意している場合でも、特定のユーザーには毎回同意ページが表示されます。SELECT_ACCOUNT に設定されている場合、ユーザーは接続するアカウントを選択するよう求められます。最後に、NONE に設定されている場合、認証または同意画面はユーザーに表示されません。

使用できる値は次のとおりです。NONE, CONSENT, SELECT_ACCOUNT

デフォルト値はCONSENTです。

AccessType String True このフィールドは、ユーザーがブラウザを使用中でないときに、アプリケーションがGoogle API にアクセスする必要があるかどうかを示します。このパラメータのデフォルトはOFFLINE です。ユーザーがブラウザを使用中でないときに、アプリケーションがアクセストークンをリフレッシュする必要がある場合は、OFFLINE を使用します。これにより、アプリケーションは、ユーザーの認可コードを初めて交換するときにリフレッシュトークンを取得します。

使用できる値は次のとおりです。ONLINE, OFFLINE

デフォルト値はOFFLINEです。

State String False 応答を受け取ったときにアプリケーションで使用する何らかの状態を示します。アプリケーションは、送信した値と同じ値を受け取ります。つまり、このパラメータは、Google 認可サーバーまで往復して返されます。想定される用途には、ユーザーをサイト内の正しいリソースにリダイレクトする、ノンスを使用する、クロスサイトリクエストフォージェリを防止するなどがあります。

Result Set Columns

Name Type Description
URL String ユーザー認証を完了するためのURL。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654