CData Python Connector for Elasticsearch

Build 21.0.7867

CData Python Connector for Elasticsearch

概要

CData Python Connector for Elasticsearch を使うことで開発者が、Elasticsearch への接続が可能なPython スクリプトを作成できます。コネクタは複雑なElasticsearch データへの接続を、Python コネクタから通常のデータベースシステムへの接続に一般的に使用されるインターフェースにラップします。

主要機能

  • "pip install" でのインストール後に実行環境に付随するさまざまなWHL とTAR.GZ ファイル。
  • Windows とLinux 双方の環境でPython バージョン3.6、3.7、3.8、および3.9をサポート。Mac ではPython 3.8ディストリビューションをサポート。
  • Elasticsearch 内のデータを取得および更新するSQL クエリを書いて実行。
  • カスタムダイアレクトクラスでSQLAlchemy ORM からこのコネクタが使用可能に。

はじめに

コネクタをPython ディストリビューションにインストールしてElasticsearch への基本接続を作成するには、はじめに を参照してください。

高度な機能

高度な機能 では本製品 でサポートされている、ユーザー定義ビューの定義、SSL 設定、リモーティング、キャッシング、ファイアウォールとプロキシ設定、高度なログの記録など、高度な機能の詳細を説明しています。

Python コネクタの使用

モジュールから提供されたクラスで基本的なSELECT、INSERT、UPDATE、DELETE、EXECUTE クエリを実行する例は、コネクタの使用 を参照してください。Elasticsearch データをPandas やPetl などのツールに接続するには、ツールからの使用 を参照してください。

SQLAlchemy ORM

SQLAlchemy はマップされたクラスでElasticsearch 内のテーブルをモデル化するために使用できます。Python コネクタをSQLAlchemy で設定する方法は、SQLAlchemy から を参照してください。

Pandas

Pandas DataFrame をコネクタとともに使用して、分析用のグラフを生成することができます。Pandas から を参照してください。

スキーマ検出

提供されるシステムテーブルを使うことで、ユーザーが利用可能なテーブル、ビュー、ストアドプロシージャやそれらのカラムまたはパラメータに関する追加の情報を見つけることができます。システムテーブルをクエリする方法はスキーマ検出 を参照してください。

SQL 準拠

構文のリファレンスとサポートされているSQL の概要を示すコード例については、SQL 準拠 を参照してください。

データモデル

利用可能なデータベースオブジェクトはデータモデル を参照してください。このセクションでは、特定のElasticsearch エンティティのクエリに関する詳細情報も提供します。

接続文字列オプション

最後に、Connection プロパティを参照してください。接続の確立に使用できるさまざまなオプションの説明があります。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7867