Cmdlets for Elasticsearch

Build 20.0.7654

スキーママッピング

CData Cmdlets PowerShell Module for Elasticsearch はElasticsearch REST API を、標準SQL でアクセス可能なリレーショナルテーブルおよびストアドプロシージャとしてモデル化します。これにより、標準ベースのツールからのアクセスが可能になります。

テーブル定義は動的に取得されます。接続すると、本製品 はElasticsearch に接続し、スキーマ、テーブルのリストおよびテーブルのメタデータをElasticsearch REST サーバーをクエリすることで取得します。 リモートデータへのあらゆる変更はクエリに即時に反映されます。

次のテーブルはElasticsearch コンセプトをリレーショナルなものにマップします。

Elasticsearch バージョン6以上:

Elasticsearch Concept SQL Concept
Index Table
Alias View
Document Row (それぞれのドキュメントは行、ドキュメントのJSON 構造はカラムとして表示されます)
Field Column

Note:Starting in Elasticsearch 6, indices are limited to a single type.Therefore the type is no longer treated as a table, since an index and type have a one-to-one relation. Types are hidden and used internally where necessary to issue the proper request to Elasticsearch.

Elasticsearch バージョン6より前:

Elasticsearch Concept SQL Concept
Index Schema
Type Table
Alias View
Document Row (それぞれのドキュメントは行、ドキュメントのJSON 構造はカラムとして表示されます)
Field Column

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654