Cmdlets for Elasticsearch

Build 20.0.7654

FlattenArrays Parameter (Connect-Elasticsearch Cmdlet)

テーブルカラムとして返したいネストされた配列エレメントの数に FlattenArrays を設定します。デフォルトで、ネスト配列はJSON 文字列として返されます。

Syntax

Connect-Elasticsearch -FlattenArrays string

Remarks

デフォルトで、ネスト配列はJSON 文字列として返されます。FlattenArrays プロパティはネスト配列のエレメントをフラット化してそれぞれのカラムとするために使われます。これは短い配列の場合にのみ推奨されます。

ネスト配列から返すエレメントの数にFlattenArrays を設定します。特定されたエレメントはカラムとして返されます。Zero-base のインデックスはカラム名にコンカテネートされます。他のエレメントは無視されます。

例えば、文字列の配列からエレメントのアービトラリー数を返すことができます。

"employees": [
  {
    "name": "John Smith",
    "age": 34
  },
  {
    "name": "Peter Brown",
    "age": 26
  },
  {
    "name": "Paul Jacobs",
    "age": 30
  }
]
FlattenArrays が2に設定されている場合、配列は次のテーブルのようにフラット化されます。

カラム名カラム値
employees.0.nameJohn Smith
employees.0.age34
employees.1.namePeter Brown
employees.1.age26

バインドされていない配列にJSON パスを使う場合は、JSON 関数 を参照してください。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654