ADO.NET Provider for Elasticsearch

Build 20.0.7654

UPSERT ステートメント

UPSERT ステートメントは、既存のレコードを更新するか、既存のレコードが識別されない場合は新しいレコードを作成します。

UPSERT 構文

UPSERT 構文は挿入の構文と同じです。Elasticsearch はVALUES 句で指定された入力を使用して、レコードがすでに存在するかどうかを判断します。レコードが存在しない場合は、レコードの挿入に必要なすべてのカラムが指定される必要があります。テーブル固有の情報については、データモデル を参照してください。

UPSERT INTO <table_name> 
( <column_reference> [ , ... ] )
VALUES 
( { <expression> | NULL } [ , ... ] ) 
  

<expression> ::=
  | @ <parameter> 
  | ?
  | <literal>

次の例に示すように、ExecuteNonQuery メソッドを使って、データ操作コマンドを発行し影響を受けた行を取得できます。

C#

String connectionString = "Server=127.0.0.1;Port=9200;";
int rowsAffected;
using (ElasticsearchConnection connection = new ElasticsearchConnection(connectionString)) {
  ElasticsearchCommand cmd = new ElasticsearchCommand("UPSERT INTO Account (Name) VALUES ('Floppy Disks')", connection);
  rowsAffected = cmd.ExecuteNonQuery();
}

VB.NET

Dim connectionString As [String] = "Server=127.0.0.1;Port=9200;"
Dim rowsAffected As [Integer]
Using connection As New ElasticsearchConnection(connectionString)
  Dim cmd As New ElasticsearchCommand("UPSERT INTO Account (Name) VALUES ('Floppy Disks')", connection)
  rowsAffected = cmd.ExecuteNonQuery()
End Using

生成されたId の取得

最後に挿入されたレコードのId を取得するには、次の例に示すように、SCOPE_IDENTITY 関数を使用します。

C#

  cmd = connection.CreateCommand();
  cmd.CommandText = "SELECT SCOPE_IDENTITY()";
  Object returnedValues = cmd.ExecuteScalar();
  String Id = (String)returnedValues;

  cmd = connection.CreateCommand()
  cmd.CommandText = "SELECT SCOPE_IDENTITY()"
  Dim returnedValues As [Object] = cmd.ExecuteScalar()
  Dim Id As [String] = returnedValues

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654