Power BI Connector for XML

Build 23.0.8791

GetOAuthAuthorizationURL

OAuth を使うデータソースとの認証に使用するOAuth 認可URL を取得します。

Input

Name Type Description
Cert String 個人証明書.pfx ファイルへのパス。OAuth 1.0 でのみ利用可能です。
Cert_Password String 個人証明書パスワード。OAuth 1.0 でのみ利用可能です。
Sign_Method String OAuth 1.0 の署名を計算するために使用する署名方式。

The allowed values are HMAC-SHA1, PLAINTEXT.

The default value is HMAC-SHA1.

Scope String API へのアクセス権の範囲。デフォルトでは、このデータプロバイダーで使われるすべてのAPI へのアクセスが指定されます。
CallbackURL String アプリケーションが認可された後にユーザーがリダイレクトされるURL。
Prompt String このフィールドは、ユーザーに提示するプロンプトを示します。次の値を指定できます:NONE、CONSENT、SELECT ACCOUNT。デフォルトはSELECT_ACCOUNT で、ユーザーは接続するアカウントを選択するよう求められます。CONSENT に設定されている場合は、特定のスコープのセットについてアプリケーションに以前に同意している場合でも、ユーザーには毎回同意ページが表示されます。最後に、NONE に設定されている場合、認証または同意画面はユーザーに表示されません。

The default value is SELECT_ACCOUNT.

AccessType String このフィールドは、ユーザーがブラウザを使用中でないときに、アプリケーションがGoogle API にアクセスする必要があるかどうかを示します。このパラメータのデフォルトはONLINE です。ユーザーがブラウザを使用中でないときに、アプリケーションがアクセストークンをリフレッシュする必要がある場合は、OFFLINE を使用します。これにより、アプリケーションは、ユーザーの認可コードを初めて交換するときにリフレッシュトークンを取得します。
State String 応答を受け取ったときにアプリケーションで使用する何らかの状態を示します。アプリケーションは、送信した値と同じ値を受け取ります。つまり、このパラメータは、Google 認可サーバーまで往復して返されます。想定される用途には、ユーザーをサイト内の正しいリソースにリダイレクトする、ノンスを使用する、クロスサイトリクエストフォージェリを防止するなどがあります。
Other_Options String OAuth の動作を制御するその他のオプション。

Result Set Columns

Name Type Description
AuthToken String GetOAuthAccessToken ストアドプロシージャに渡される認可トークン。
AuthKey String GetOAuthAccessToken ストアドプロシージャに渡される認可シークレットトークン。
AuthSecret String 互換性のために許容される、AuthKey に使用されるレガシー名。
URL String ユーザー認証を完了するためのURL。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791