Power BI Connector for XML

Build 23.0.8791

カスタムOAuth アプリの作成

カスタムAzureAD アプリケーションには、AzureAD とAzure サービスプリンシパルを使用するAzureAD の2種類があります。いずれもOAuth ベースです。

カスタムアプリケーションを作成するタイミング

CData はOAuth アプリケーション認証情報を製品に組み込んでおり、デスクトップアプリケーションまたはヘッドレスマシンから接続する際に使用できます。

以下の場合はユーザー自身のAzureAD アプリケーションクレデンシャルを選択できます。

  • 認証ダイアログのブランディングをコントロールしたいとき
  • ユーザー認証後にアプリケーションがユーザーをリダイレクトするためのリダイレクトURI をコントロールしたいとき
  • ユーザーからのリクエストに対する許可をカスタマイズしたいとき

カスタムAzureAD アプリケーション

カスタムAzureAD アプリケーションを使用して、サービスアカウントまたはユーザーアカウントで認証できます。カスタムAzureAD アプリケーションはいつでも作成できますが、デスクトップおよびヘッドレス接続は埋め込みOAuth をサポートしており、認証プロセスを簡略化できることに留意してください。埋め込みOAuth アプリケーションを使用するには「接続の確立」を参照してください。

カスタムAzureAD アプリの作成

下記の手順に従って、アプリケーションのAzureAD 値OAuthClientId およびOAuthClientSecret を取得します。

  1. https://portal.azure.com にログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインですべてのサービスを選択します。アプリの登録を検索して選択します。
  3. 新規登録をクリックします。
  4. アプリケーション名を入力し、目的のテナント設定を選択します。 Azure Active Directory でカスタムAzureAD アプリケーションを作成する場合、アプリケーションをシングルテナントまたはマルチテナントに定義できます。デフォルトのオプション[この組織ディレクトリ内のアカウントのみ]を選択する場合は、CData Power BI Connector for XML への接続を確立するときにAzureTenant 接続プロパティをAzure AD テナントのId に設定する必要があります。それ以外の場合は、認証に失敗しエラーが発生します。アプリケーションが個人使用のみの場合は、[この組織ディレクトリ内のアカウントのみ]で十分です。アプリケーションを配布する場合は、マルチテナントオプションのいずれか1つを選択してください。
  5. リダイレクトURL を本製品 のデフォルトhttp://localhost:33333 に設定します。あるいは、任意の別のポートを指定して、CallbackURL を定義した正確なリプライURL に設定します。
  6. 登録をクリックして新しいアプリケーションを登録します。アプリケーション管理画面が自動的に開きます。OAuthClientId としてApplication (client) ID の値、AzureTenant としてDirectory (tenant) ID の値をメモします。
  7. [証明書とシークレット]セクションに移動して、アプリケーションの認証タイプを定義します。認証には、クライアントシークレットを使用する方法と、証明書を使用する方法の2種類があります。推奨されている認証方法は証明書を使用する方法です。
    • オプション1:証明書をアップロードする:[証明書とシークレット]で証明書のアップロードを選択し、ローカルマシンからアップロードする証明書を選択します。
    • オプション2:新しいアプリケーションシークレットを作成する:[証明書とシークレット]で新しいクライアントシークレットを選択し、有効期限を指定します。クライアントシークレットを保存すると、キーの値が表示されます。 表示は一度のみなのでこの値をコピーします。 これは、OAuthClientSecret として必要になります。
  8. API のアクセス許可 -> アクセス許可の追加をクリックします。ユーザーコンテキストなしでアプリを接続する予定の場合は、アプリケーションの許可OAuthGrantType = CLIENT)を選択します。それ以外の場合は、委任されたアクセス許可を使用します。
  9. 変更を保存します。
  10. 管理者の同意が必要なアクセス許可([アプリケーションの許可]など)を使用することを選択した場合は、API のアクセス許可ページで現在のテナントから付与することができます。それ以外の場合は、 管理者の同意の手順に従ってください。

Azure サービスプリンシパルカスタムアプリケーション

Azure サービスプリンシパルを使用して認証する場合は、カスタムAzureAD アプリケーションと必要なリソースにアクセスできるサービスプリンシパル両方の作成が必要です。次の手順に従って、カスタムAzureAD アプリケーションを作成し、Azure サービスプリンシパル認証用の接続プロパティを取得します。

Azure サービスプリンシパルでカスタムAzureAD アプリを作成

下記の手順に従って、アプリケーションのAzureAD 値を取得します。

  1. https://portal.azure.com にログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインですべてのサービスを選択します。アプリの登録を検索して選択します。
  3. 新規登録をクリックします。
  4. アプリ名を入力し、任意のAzure AD ディレクトリ - マルチテナントを選択します。そして、リダイレクトURL を本製品 のデフォルトhttp://localhost:33333 に設定します。
  5. アプリ作成後に、[概要]セクションに表示されているアプリケーション(クライアント)Id の値をコピーします。この値はOAuthClientId として使用されます。
  6. [証明書とシークレット]セクションに移動して、アプリの認証タイプを定義します。認証には、クライアントシークレットを使用する方法と、証明書を使用する方法の2種類があります。推奨されている認証方法は証明書による方法です。
    • オプション1 - 証明書をアップロードする:[証明書とシークレット]で証明書のアップロードを選択し、ローカルマシンからアップロードする証明書を選択します。
    • オプション2 - 新しいアプリケーションシークレットを作成する:[証明書とシークレット]で新しいクライアントシークレットを選択し、有効期限を指定します。クライアントシークレットを保存すると、キーの値が表示されます。 表示は一度のみなのでこの値をコピーします。これは、OAuthClientSecret として使用します。
  7. 認証タブで、必ずアクセストークン(暗黙的なフローに使用)を選択してください。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8791