JDBC Driver for Oracle Eloqua

Build 21.0.8137

EmailHeader

E メールヘッダを作成、更新、削除、およびクエリします。

テーブル固有の情報

Select

datetime 型のカラムのフィルタリングでは次の制限があります。"=" 演算子は、WHERE 句内のdatetime カラムで使用できません。ただし、"<"、">"、">="、および"<=" 演算子は、datetime カラムのフィルタに使用できます。

また、UpdateAt カラムでは'>'演算子でのフィルタリングのみをサポートしています。

Oracle Eloqua はまた、複数の条件でサポートが制限されています。多くのテーブルでは、フィルタ間のAND 条件をサポートしません。AND が含まれている場合、サーバーは結果を返さないか、エラーをスローします。

Columns

Name Type ReadOnly Description
ID [KEY] Long True

E メールヘッダの一意の識別子。

Name String False

E メールヘッダの名前。

Body String False

E メールヘッダのボディ。

Hyperlinks String True

ハイパーリンクのリスト。

FieldMerges String True

フィールドマージのリスト。

Text String False

E メールヘッダのテキスト。

Permissions String False

E メールヘッダの権限。

Description String False

E メールヘッダの説明。

FolderId Long False

E メールヘッダのフォルダのId。

CreatedAt Datetime True

E メールヘッダが作成された日付。

CreatedBy String True

E メールヘッダを作成したユーザーのId。

AccessedAt Datetime False

E メールヘッダがアクセスされた日付。

CurrentStatus String False

E メールヘッダの現在のステータス。

Depth String False

E メールヘッダの深度。

UpdatedAt Datetime True

E メールヘッダが更新された日付。

UpdatedBy String True

E メールヘッダを最後に更新したユーザーのId。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8137