JDBC Driver for Oracle Eloqua

Build 21.0.8137

Activity_FormSubmit

Form Submit アクティビティを取得します。

テーブル固有の情報

Select

Bulk API を使用していない場合は、Activity テーブルをクエリするにはContactId が必要です。

さらに、このテーブルでは、バルクモードでCOUNT 関数がサポートされています。

Columns

Name Type Description
ID [KEY] Long form submit アクティビティの一意の識別子。
Name String form submit アクティビティの名前。バルクモードではサポートされていません。
CreatedAt Datetime form submit が作成された日時。
Type String form submit アクティビティのアクティビティタイプ。
AssetName String form submit アクティビティに関連のあるアセットの名前。
AssetId Long form submit アクティビティに関連のあるアセットのId。
AssetType String form submit アクティビティに関連のあるアセットのタイプ。
ContactId Long form submit アクティビティを実行したコンタクトのId。
Collection String form submit アクティビティのコレクション。バルクモードではサポートされていません。
FormName String form submit アクティビティに関連のあるフォームの名前。バルクモードではサポートされていません。
FormData String form submit アクティビティに関連のあるフォームのデータ。バルクモードではサポートされていません。
RawData String form submit アクティビティの生データ。バルクモードでのみサポートされています。
CampaignId Long form submit アクティビティに関連のあるキャンペーンのId。バルクモードでのみサポートされています。
VisitorId Long form submit アクティビティに関連のある訪問者のId。バルクモードでのみサポートされています。
VisitorExternalId String form submit アクティビティに関連のある訪問者のExternalId。バルクモードでのみサポートされています。
ExternalId String form submit アクティビティに関連のあるExternalId。バルクモードでのみサポートされています。
FirstName String The FirstName of the contact associated with the form submit activity.
LastName String The LastName of the contact associated with the form submit activity.
Company String The Company of the contact associated with the form submit activity.
City String The City of the contact associated with the bounceback activity.
ContactCreatedAt Datetime The date and time the contact associated with the form submit activity was created.
ContactModifiedAt Datetime The date and time the contact associated with the form submit activity was created.
Address1 String The first line address of the contact associated with the form submit activity.
Address2 String The second line address of the contact associated with the form submit activity.
Title String The Title of the contact associated with the form submit activity.

Pseudo-Columns

SELECT ステートメントのWHERE 句では、疑似列フィールドを使用して、データソースから返されるタプルを詳細に制御することができます。

Name Type Description
ExportToken String CreateExportDefinition から返されたトークン。Eloqua が要求の処理を完了していない場合は、クエリはサーバーが完了するまでデータを返さずに待機します。
Depth String Eloqua から要求された情報の深度。

Copyright (c) 2022 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.8137