Power BI Connector for MySQL

Build 21.0.7930

DSN の作成

このセクションでは、DSN 設定の編集方法と、MySQL API へ認証および接続について説明します。

DSN 設定の編集

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください(コネクタのインストール 参照)。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. Power BI Desktop インストールのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

MySQL への接続

データに接続するには、次の接続プロパティが必要です。

  • Server:MySQL データベースをホスティングしているサーバーのホスト名またはIP アドレス。
  • Port:MySQL データベースをホスティングしているサーバーのポート。

また、任意で以下を設定することもできます。

  • Database:MySQL Server に接続する場合のデフォルトデータベース。設定されていない場合、すべてのデータベースのテーブルが返されます。

SSL 認証を使用した接続

SSL 認証を活用して、セキュアなセッションを通してMySQL データに接続できます。次の接続プロパティを設定し、データに接続します。

  • SSLClientCert:クライアント証明書のための証明書ストア名に設定。クライアントとサーバーの両方のマシンでトラストストアとキーストアが保持される2-way SSL の場合に使用されます。
  • SSLClientCertPassword:クライアント証明書ストアがパスワードで保護されている場合、この値をストアのパスワードに設定します。
  • SSLClientCertSubject:TLS / SSL クライアント証明書のサブジェクト。ストア内の証明書を検索するために使用されます。
  • SSLClientCertType:; クライアントストアの証明書タイプ。
  • SSLServerCert:サーバーが受け入れ可能な証明書。

SSH 認証を使用した接続

SSH を使用することで、リモートマシンにセキュアにログインできます。SSH でMySQL データに接続するためには、次の接続プロパティを設定します。

  • SSHClientCert:クライアント証明書のための証明書ストア名に設定。
  • SSHClientCertPassword:クライアント証明書ストアがパスワードで保護されている場合、この値をストアのパスワードに設定。
  • SSHClientCertSubject:TLS / SSL クライアント証明書のサブジェクト。ストア内の証明書を検索するために使用されます。
  • SSHClientCertType:クライアントストアの証明書タイプ。
  • SSHPassword:SSH サーバーに認証するためのパスワード。
  • SSHPort:SSH 操作に使用されるポート。
  • SSHServer:認証を試行中のSSH 認証サーバー。
  • SSHServerFingerPrint:接続を試行中のホストの検証に使用される、SSH サーバ−の指紋。
  • SSHUser:SSH サーバーへ認証するために使用するユーザー名に設定。

MySQL への認証

標準認証を使用した認証

標準認証で認証するには、次を設定します。

  • User:MySQL サーバーに認証する際に使われるユーザー。
  • Password:MySQL サーバーに認証する際に使われるパスワード。

Azure にホストされたMySQL に接続

Azure にホストされたMySQL データベースは、AzureADAzurePasswordAzureMSI を含む複数のOAuth スキームを使用して接続できます。各スキームでAzureTenant が必須です。

  • AzureTenant:MySQL が設置されているMicrosoft Online テナント。

Azure AD を使用した認証

Azure AD は、OAuth を経由する接続タイプです。AuthSchemeAzureAD に設定し、認証方法についてはOAuth 認証の使用 を参照してください。

Azure パスワードを使用した認証

Azure 資格情報を使用して直接接続するには、次の接続プロパティを指定します。

  • AuthSchemeAzurePassword に設定。
  • User:Azure への接続に使用するユーザーアカウントに設定。
  • Password:Azure への接続に使用するパスワードに設定。

MSI 認証による認証

Azure VM 上でMySQL を実行している場合は、Managed Service Identity(MSI)の資格情報を利用して接続が可能です。

  • AuthSchemeAzureMSI に設定。

MSI 資格情報が認証用に自動的に取得されます。

次のステップ

次の手順については、データの取得 を参照してください。作業したいデータへの接続について説明します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930