Power BI Connector for MySQL

Build 21.0.7930

接続文字列オプション

接続文字列プロパティは、接続を確立するために使用できるさまざまなオプションです。このセクションでは、このプロバイダの接続文字列で設定できるオプションの一覧を示します。詳細についてはリンクをクリックしてください。

For more information on establishing a connection, see Getting Started.

Authentication


PropertyDescription
AuthSchemeThe scheme used for authentication. Accepted entries are Password, AzureAD, AzurePassword, AzureMSI.
Serverサーバーのホスト名またはIP アドレス。クラスタサーバーをサポートします。例えば、'192.168.0.1,192.168.0.2'。
PortMySQL サーバーのポート。クラスタサーバーをサポートします。例:'3306, 3307'、ポートの数はサーバーと一致する必要があります。
User認証で使用されるMySQL ユーザーアカウント。
Passwordユーザーの認証で使用されるパスワード。
DatabaseMySQL データベースの名前。
DomainThe name of the domain for a Windows (NTLM) security login.
NTLMVersionThe NTLM version.
IntegratedUserThe user that is authenticating to the Windows.
UseSSLこのフィールドはSSL が有効化されているかどうかを設定します。

Azure Authentication


PropertyDescription
AzureTenantデータにアクセスするために使用されるMicrosoft Online テナント。指定しない場合は、デフォルトのテナントが使用されます。

OAuth


PropertyDescription
OAuthClientIdOAuth 認証サーバーを使用してアプリケーションを登録する場合に割り当てられたクライアントID。
OAuthClientSecretOAuth 認証サーバーにアプリケーションを登録する場合に割り当てられたクライアントシークレット。
OAuthAccessTokenOAuth を使用して接続するためのアクセストークン。
OAuthVerifierOAuth 認可URL から返された検証コード。
OAuthExpiresInOAuth アクセストークンの有効期限(秒単位)。
OAuthTokenTimestamp現在のアクセストークンが作成されたときのUnix エポックタイムスタンプ(ミリ秒)。

SSL


PropertyDescription
SSLClientCertSSL クライアント認証(2-way SSL)のためのTLS/SSL クライアント証明書ストア。
SSLClientCertTypeTLS/SSL クライアント証明書を格納するキーストアの種類。
SSLClientCertPasswordTLS/SSL クライアント証明書のパスワード。
SSLClientCertSubjectTLS/SSL クライアント証明書の件名。
SSLServerCertTLS/SSL を使用して接続するときに、サーバーが受け入れ可能な証明書。

SSH


PropertyDescription
SSHAuthModeThe authentication method to be used to log on to an SFTP server.
SSHClientCertSSH クライアント認証のためのSSH クライアント証明書ストア。
SSHClientCertPasswordSSH クライアント証明書のパスワード。
SSHClientCertSubjectSSH クライアント証明書の件名。
SSHClientCertTypeSSH クライアント証明書を格納するキーストアの種類。
SSHServerSSH サーバー。
SSHPortSSH ポート。
SSHUserSSH ユーザー。
SSHPasswordSSH パスワード。
SSHServerFingerprintSSH サーバーのフィンガープリント。
UseSSHSSH を使用する。

Firewall


PropertyDescription
FirewallTypeプロキシベースのファイアウォールで使われるプロトコル。
FirewallServerプロキシベースのファイアウォールの名前もしくはIP アドレス。
FirewallPortプロキシベースのファイアウォールのTCP ポート。
FirewallUserプロキシベースのファイアウォールに認証するために使うユーザー名。
FirewallPasswordプロキシベースのファイアウォールへの認証に使われるパスワード。

Proxy


PropertyDescription
ProxyAutoDetectこれは、システムプロキシ設定を使用するかどうかを示します。これは他のプロキシ設定よりも優先されるため、カスタムプロキシ設定を使用するにはProxyAutoDetect をFALSE に設定する必要があります。
ProxyServerHTTP トラフィックをルートするためのプロキシのホストネームもしくはIP アドレス。
ProxyPortProxyServer プロキシが起動しているTCP ポート。
ProxyAuthSchemeProxyServer プロキシへの認証で使われる認証タイプ。
ProxyUserProxyServer プロキシへの認証に使われるユーザー名。
ProxyPasswordProxyServer プロキシへの認証に使われるパスワード。
ProxySSLTypeProxyServer プロキシへの接続時に使用するSSL タイプ。
ProxyExceptionsProxyServer 経由での接続が免除される宛先ホスト名またはIP のセミコロン区切りのリスト。

Logging


PropertyDescription
Logfileログファイルの名前と場所を指定するファイルパス。
Verbosityログファイルの記述をどの程度の詳細さで記載するかを決定するverbosity レベル。
LogModulesログファイルに含めるコアモジュール。
MaxLogFileSizeログファイルの最大バイトサイズ(例えば、10MB)を指定する文字列。
MaxLogFileCountログファイルの最大ファイル数を指定する文字列。

Schema


PropertyDescription
Locationテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを定義するスキーマファイルを格納するディレクトリへのパス。
BrowsableSchemasこのプロパティは、使用可能なスキーマのサブセットにレポートされるスキーマを制限します。例えば、BrowsableSchemas=SchemaA,SchemaB,SchemaC です。
Tablesこのプロパティは、使用可能なテーブルのサブセットにレポートされるテーブルを制限します。例えば、Tables=TableA,TableB,TableC です。
Views使用可能なテーブルのサブセットにレポートされるビューを制限します。例えば、Views=ViewA,ViewB,ViewC です。

Miscellaneous


PropertyDescription
AllowUserVariablesWhen set to True, user variables (prefixed by an @) can be used in SQL queries.
CharactersetThe default client character set used by the provider. For example, 'utf8'.
DirectQueryLimitDirectQuery モードを使用する場合の行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
EnableForeignKeyDetectionODBC で外部キーを検出するかどうか。
MaximumColumnSizeカラムの最大サイズ。
MaxRowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からMySQL へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
ReturnSchemaWhen set to False, this will return null for schema when querying getSchemas, getTables, getViews, getProcedures, getColumns, getProcedureParameters or getIndex.
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
ServerTimeZoneSpecify a specific server time zone id of current platform(.Net or Java) by user.
Timeout接続タイムアウトエラーが出るまでの秒数。
ZeroDatesToNullすべて0で構成されるDate およびDateTime 値をNULL として返すかどうか。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930