JDBC Driver for Marketo

Build 20.0.7654

Leads

Marketo organization に対してリードを作成、更新、削除、クエリします。

テーブル固有の情報

Select

すべてのカラムは '=' 演算子を使って指定される必要があります。すべてのフィルタリング可能なカラムでは、IN 演算子またはOR 論理演算子を使って複数の値を指定できます。

取得したい行とカラムだけを指定することで、サーバーからの応答時間を向上できます。

SELECT Id, FirstName, LastName FROM Leads WHERE Id IN ('1','2','5','10')

フィルタが指定されていない場合は、Activities_NewLead テーブルがクエリされ、Lead Id のリストが取得されます。Lead Id がコンパイルされたら、コンパイルされたLead Id のリストを使ってLeads テーブルがクエリされます。 CreatedAt カラムは、取得するリードが作成された日時の範囲を指定するフィルタとして使用できます。'>' または'>=' 演算子を指定すると、 Activities_NewLead テーブルリクエストにdatetime 値が送られます。これは追加のAPI 呼び出しを必要とし、少なくとも倍のAPI 呼び出しが発生します。これは、それぞれのLeads リクエストに対して、1つのActivities_NewLead が発生するためです。 REST API のリクエストごとの最大バッチサイズは300です。必要なAPI 呼び出しの概算を出すには、次の式が使えます: (リードの総数 / 300) * 2

UpdatedAt カラムは、取得するリードが更新された日時の範囲を指定するフィルタとしても使用できます。フィルタを指定した場合は、Activities_LeadChanges テーブルがクエリされ、Lead Id のリストが取得されます。 Lead Id がコンパイルされたら、コンパイルされたLead Id のリストを使ってLeads テーブルがクエリされます。'>' または'>=' 演算子を指定すると、 Activities_LeadChanges テーブルリクエストにdatetime 値が送られます。これは追加のAPI 呼び出しを必要とし、少なくとも倍のAPI 呼び出しが発生します。これは、それぞれのLeads リクエストに対して、1つのActivities_LEADChanges が発生するためです。 大抵の場合、API 呼び出しの総数は、リードの個々の値がレコードとして返されるため、倍以上になります。 したがって、Lead Id の完全なリストを入手するには、複数のActivities_LeadChanges リクエストが必要になることがあります。REST API のリクエストごとの最大バッチサイズは300です。必要なAPI 呼び出しの最小見積もりを出すには、次の式が使えます: (リードの総数 / 300) * 2

代わりに、SOAP API を使ってLead Id のリストを取得する方法として、Other プロパティでUseSOAPForLeadIds=True に設定する方法があります。 この場合、SOAP API は、Lead Id のリストをコンパイルするために使用され(SOAP 接続の詳細が設定されているという条件で)、それがREST API のフィルタとして使用されます。 SOAP API はREST API と比べるとかなり遅いですが、このハイブリッドアプローチはSOAP API をそれだけで使用するよりも処理が早くなります。 SOAP API のリクエストごとの最大バッチサイズは1000です。必要なAPI 呼び出しの最小見積もりを出すには、次の式が使えます: (リードの総数 / 1000) + (リードの総数 / 300)

複数のAPI 呼び出し利用を回避しベストパフォーマンスを得るには、Marketo 内でリードのスタティックリストを作成し、ListId を指定してそれらを取得します。

Insert

新しいLead レコードを作成するには、Lead に関するデータベースに入力する情報を指定します。

次の例では、新しいLead を挿入する方法を説明します。

INSERT INTO Leads (Email, FirstName, LastName) VALUES ('john@mark.com', 'John', 'Mark')

Update

読み取り専用以外のフィールドは、すべて更新可能です。Email などのFilterable カラムである外部キーを使って更新を行います。

次の例では、Id カラムをルックアップフィールドとして使って更新する方法を説明します。

UPDATE Leads SET MobilePhone='111-222-3333' WHERE Id='1'

次の例では、Email カラムをルックアップフィールドとして使って更新する方法を説明します。

UPDATE Leads SET MobilePhone='111-222-3333' WHERE Email='john@mark.com'

さらに、カスタムフィールドをルックアップフィールドとして使用できます。その場合、使用するカスタムフィールドの名前に加え、LookupField カラムを設定する必要があります。 次の例では、MyCustomField という名前のカスタムフィールドをルックアップフィールドとして使って更新する方法を説明します。

UPDATE Leads SET MobilePhone='111-222-3333' WHERE LookupField='MyCustomField' AND MyCustomField='my_value'

Delete

Marketo からリードを削除するために使用します。削除を実行するにはリードのId フィールドが必須です。

DELETE FROM Leads WHERE Id='1'

Columns

Name Type ReadOnly Filterable Description
Id [KEY] String True True

Marketo が割り当てた、アカウントの一意の識別子。

Email String False True

リードのメールアドレス。

Salutation String False

リードの敬称。

FirstName String False

リードのファーストネーム。

MiddleName String False

リードのミドルネーム。

LastName String False

リードのラストネーム。

DateOfBirth Date False

リードの生年月日。

Title String False

リードの職位。

Address String False

リードの住所。

City String False

リードの住所(都市)。

State String False

リードの住所(都道府県)。

PostalCode String False

リードの住所(郵便番号)。

Country String False

リードの住所(国)。

Website String False

リードのウェブサイト。

Phone String False

リードの電話番号。

MobilePhone String False

リードの携帯電話。

Fax String False

リードのファックス番号。

Company String False

リードの企業名。

MainPhone String False

リードの企業の電話番号。

SICCode String False

リードの企業のSIC コード。

Site String False

リードの企業のサイト。

BillingStreet String False

リードの企業の請求先住所。

BillingCity String False

リードの企業の請求先住所(都市)。

BillingState String False

リードの企業の請求先住所(都道府県)。

BillingPostalCode String False

リードの企業の請求先住所(郵便番号)。

BillingCountry String False

リードの企業の請求先住所(国)。

NumberOfEmployees Integer False

リードの企業の従業員数。

Industry String False

リードの企業の業界。

Department String False

リードの部門。

AnnualRevenue Double False

リードの企業の年間収益。

AnonymousIP String False

リードの匿名IP。

Unsubscribed Boolean False

リードが配信停止完了かどうかを決定します。

UnsubscribedReason String False

リードの配信停止の理由。

EmailInvalid Boolean False

リードのメールアドレスが無効かどうかを識別します。

EmailInvalidCause String False

リードのメールアドレス無効の理由。

DoNotCall Boolean False

リードが連絡拒否リストに載っているかどうかを識別します。

DoNotCallReason String False

リードが電話連絡拒否の理由。

PersonType String False

現在のレコードのパーソンタイプ。例:取引先責任者。

IsAnonymous Boolean True

リードが匿名かどうかを識別します。

IsLead Boolean False

そのパーソンがリードかどうかを識別します。

LeadRole String False

リードのロール。

LeadSource String False

リードのソース。

LeadStatus String False

リードの現在のステータス。

LeadScore Integer False

リードのスコア。

Rating String False

リードの評価。

Urgency Double True

リードの緊急度。

Priority Integer True

リードの優先順位。

RelativeScore Integer True

リードの相対スコア。

OriginalSourceType String True

リードの参照元のソースのタイプ。

OriginalSourceInfo String True

リードの参照元のソース情報。

RegistrationSourceType String False

リードの登録ソースのタイプ。

RegistrationSourceInfo String False

リードの登録ソース情報。

CreatedAt Datetime True True

リードの作成日。

UpdatedAt Datetime True True

リードの最終更新日。

Cookies String False True

リードと関連のあるクッキー。

AcquisitionProgramId String False

リードが獲得されたプログラムのId。

Gender String False

リードのソーシャルジェンダ。

TotalReferredVisits Integer True

リードのソーシャルを参照元とする総訪問数。

TotalReferredEnrollments Integer True

リードのソーシャルを参照元とする総登録数。

LastReferredEnrollment Datetime False

リードのソーシャルを最後の参照元とする登録。

LastReferredVisit Datetime False

リードのソーシャルを最後の参照元とする訪問。

SyndicationId String False

リードのソーシャルシンジケーションId。

FacebookDisplayName String False

リードのFacebook の表示名。

FacebookId String False True

リードのFacebook Id。

FacebookPhotoURL String False

リードのFacebook の画像URL。

FacebookProfileURL String False

リードのFacebook のプロファイルURL。

FacebookReach Integer False

リードのFacebook のリーチ。

FacebookReferredEnrollments Integer False

リードのFacebook を参照元とする登録数。

FacebookReferredVisits Integer False

リードのFacebook を参照元とする訪問数。

LinkedInDisplayName String False True

リードのLinkedIn の表示名。

LinkedInId String False

リードのLinkedIn Id。

LinkedInPhotoURL String False

リードのLinkedIn の画像URL。

LinkedInProfileURL String False

リードのLinkedIn のプロファイルURL。

LinkedInReach Integer False

リードのLinkedIn のリーチ。

LinkedInReferredEnrollments Integer False

リードのLinkedIn を参照元とする登録数。

LinkedInReferredVisits Integer False

リードのLinkedIn を参照元とする訪問数。

TwitterDisplayName String False

リードのTwitter の表示名。

TwitterId String False

リードのTwitter Id。

TwitterPhotoURL String False

リードのTwitter の画像URL。

TwitterProfileURL String False

リードのTwitter のプロファイルURL。

TwitterReach Integer False

リードのTwitter のリーチ。

TwitterReferredEnrollments Integer False

リードのTwitter を参照元とする登録数。

TwitterReferredVisits Integer False

リードのTwitter を参照元とする訪問数。

ListId String True True

特定のリストに含まれるすべてのリードを取得するために使われるList Id。これはフィルタリング機能を強化するために使用できるフィルタ専用フィールドです。

ProgramId String True True

特定のプログラムに関連するすべてのリードを取得するために使われるProgram Id。これはフィルタリング機能を強化するために使用できるフィルタ専用フィールドです。

LookupField String True True

重複するリードを探すためのフィールド指定に使用します。INSERT またはUPDATE を行う場合にのみ使用します。利用可能な値は、id(デフォルト)、cookie、email、twitterId、facebookId、linkedInId、sfdcAccountId、sfdcContactId、sfdcLeadId、sfdcLeadOwnerId、およびカスタムフィールドです。これはフィルタリング機能を強化するために使用できるフィルタ専用フィールドです。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654