ADO.NET Provider for Amazon DynamoDB

Build 21.0.7927

データアクセスのファインチューニング

データ型の推測

次のプロパティを使って、自動データ型検出を設定できます。デフォルトは有効です。

  • TypeDetectionScheme:このプロパティを使って、RowScanDepth で指定された値に基づく自動型検出を有効化/無効化できます。
  • RowScanDepth:このプロパティは、カラムのデータ型を判定するためにスキャンされる行数を指定します。

データアクセスのファインチューニング

次のプロパティを使って、Amazon DynamoDB API 機能および本製品 のストラテジーをさらに制御できます。

  • GenerateSchemaFiles:このプロパティを使用すると、例えばテーブルメタデータを、カスタマイズしやすい静的スキーマファイルに永続化したり、カラムのデータ型を変更したりできます。このプロパティを"OnStart" に設定すると、接続時にデータベース内のすべてのテーブルのスキーマファイルを生成できます。あるいは、テーブルにSELECT クエリを実行したときにスキーマを生成できます。生成されるスキーマは、自動スキーマ検出 の設定に使用する接続プロパティに基づいています。

  • UseSimpleNames:Amazon DynamoDB は、多くのデータベース指向のツールがサポートしていない特殊文字を使った属性名をサポートしています。

    加えて、Amazon DynamoDB のテーブル名にはドットおよびダッシュを含めることができます。本製品 はテーブル名内のドットを階層区切りとして解釈し、XPath と同じようにネストされたフィールドをドリルダウンできます。

    このプロパティを使用すると、英数字以外の文字をアンダースコアで置き換えられます。

  • SeparatorCharacter:このプロパティを使用すると、ドキュメントとリストのクエリ ときにネストされたフィールドにより簡単にアクセスできます。このプロパティで階層区切りを指定します。デフォルトでは、これは '.'(ドット)文字です。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7927