ADO.NET Provider for Amazon DynamoDB

Build 21.0.7927

DataReader を使用したクエリ

CData ADO.NET Provider for Amazon DynamoDB では、次の2つのネイティブ.NET インターフェースを使用して、Amazon DynamoDB からデータを取得できます。AmazonDynamoDBDataAdapter オブジェクトおよびAmazonDynamoDBDataReader オブジェクト。各オブジェクトは同じタスク(データの取得)を実行しますが、実行方法が異なります。AmazonDynamoDBDataAdapter オブジェクトはクエリに一致するすべてのデータを取得しますが、AmazonDynamoDBDataReader オブジェクトは必要に応じてインクリメントしながら一部のデータだけをフェッチします。

AmazonDynamoDBDataReader の使用

AmazonDynamoDBDataReader はページ単位でデータを取得できるため、AmazonDynamoDBDataAdapter よりもデータの取得が高速です。AmazonDynamoDBDataReader からデータを読み取っていくと、必要に応じて一定の間隔で、データソースからの結果の次のページが要求されます。このため、結果が高速に返されます。 次の例は、Account テーブルからすべてのカラムを選択します。

C#

string connectionString = "AWS Access Key=xxx;AWS Secret Key=xxx;Domain=amazonaws.com;AWS Region=OREGON;";

using (AmazonDynamoDBConnection connection = new AmazonDynamoDBConnection(connectionString)) {
  AmazonDynamoDBCommand cmd = new AmazonDynamoDBCommand("SELECT * FROM Account", connection);
  
  AmazonDynamoDBDataReader rdr = cmd.ExecuteReader();

  while (rdr.Read()) {
    Console.WriteLine(String.Format("\t{0} --> \t\t{1}", rdr["Id"], rdr["Name"]));
  }
}

VB.NET

Dim connectionString As String = "AWS Access Key=xxx;AWS Secret Key=xxx;Domain=amazonaws.com;AWS Region=OREGON;"

Using connection As New AmazonDynamoDBConnection(connectionString)
  Dim cmd As New AmazonDynamoDBCommand("SELECT * FROM Account", connection)

  Dim rdr As AmazonDynamoDBDataReader = cmd.ExecuteReader()

  While rdr.Read()
    Console.WriteLine([String].Format(vbTab & "{0} --> " & vbTab & vbTab & "{1}", rdr("Id"), rdr("Name")))
  End While
End Using

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7927