Cmdlets for Couchbase

Build 21.0.7930

ストアドプロシージャ

ストアドプロシージャを使用することにより、データモデル で利用可能なデータを補完することができます。ビューのデータは、テーブルのような直接的な双方向更新ができないため、その場合はストアドプロシージャを使用して更新する必要があります。この場合、データは適切なビューまたはテーブルを使用して取得されますが、更新はストアドプロシージャを呼び出して実行されます。ストアドプロシージャは、パラメータのリストを受け取り、応答を構成するタプルのコレクションを含むデータセットを返します。

CData Cmdlets PowerShell Module for Couchbase ストアドプロシージャ

Name Description
AddDocument Upsert entire JSON documents to Couchbase as-is.
CreateBucket Creates a new bucket in CouchBase.
CreateCollection Creates a collection under an existing scope
CreateSchema Creates a schema definition of a table in Couchbase. Results may change depending of the value of FlattenObjects, FlattenArrays, and TypeDetectionScheme.
CreateScope Creates a scope under an existing bucket
CreateUserTable An internal operation used when GenerateSchemaFiles=OnCreate
DeleteBucket Deletes a bucket (and all its collections and scopes, where supported)
DeleteCollection Deletes a collection (Couchbase 7 and up)
DeleteScope Deletes a scope and all its collections (Couchbase 7 and up)
FlushBucket Removes all documents from a bucket in Couchbase.
ListIndices Lists all indices available in Couchbase
ManageIndices Creates/Drops an index in a target bucket in Couchbase.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930