Cmdlets for Couchbase

Build 21.0.7930

TypeDetectionScheme Parameter (Connect-Couchbase Cmdlet)

provider がCouchbase にあるバケットからテーブルとカラムをどのように作成するかを決定します。

Syntax

Connect-Couchbase -TypeDetectionScheme string

Data Type

cstr

Default Value

"DocType"

Remarks

以下のオプションのカンマ区切りのリストです。

DocType 各バケットをチェックして、ドキュメント内の"docType" フィールドのさまざまな値を探すことでテーブルを検出します。例えば、バケットbeer-sample に"docType" = 'brewery' および"docType" = 'beer' のドキュメントが含まれている場合、beer-sample(すべてのドキュメントを含む)、beer-sample.brewery(醸造のみを含む)、beer-sample.brewery(ビールのみを含む)の3つのテーブルが生成されます。

RowScan と同様に、各フレーバーのドキュメントのサンプルをスキャンし、各フィールドのデータ型を決定します。RowScanDepth は、各フレーバーからスキャンされるドキュメント数を決定します。

DocType=fieldName DocType と似ていますが、"docType" ではなく"fieldName" というフィールドに基づいてスキャンします。"fieldName" は、大文字小文字の区別も含めて、Couchbase のフィールド名と完全に一致する必要があります。
Infer N1QL INFER ステートメントを使用して存在するテーブルとカラムを判断します。これはDocType よりも柔軟なフレーバー検出を行いますが、Couchbase Enterprise でのみ利用可能です。
RowScan バケットからドキュメントのサンプルを読み出し、ヒューリスティックにデータ型を決定します。RowScanDepth はスキャンするドキュメントの数を決定します。フレーバー検出は行いません。
None RowScan に似ていますが、検出された型ではなく文字列型を持つカラムを常に返します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930