Cmdlets for Couchbase

Build 21.0.7930

FlattenObjects Parameter (Connect-Couchbase Cmdlet)

フラット化されたオブジェクトプロパティとしてカラムを表示するには、 FlattenObjects をtrue に設定します。そうでなければ、配列にネストされたオブジェクトはJSON 文字列として返されます。

Syntax

Connect-Couchbase -FlattenObjects bool

Data Type

bool

Default Value

true

Remarks

フラット化されたオブジェクトプロパティとしてカラムを表示するには、FlattenObjects をtrue に設定します。そうでなければ、配列にネストされたオブジェクトはJSON 文字列として返されます。プロパティ名は、カラム名を作り出すためにオブジェクト名にアンダースコアでコンカティネイトされます。

例えば、次のネストされたオブジェクトを接続時にフラット化できます。

address : {
  "street" : "123 Main St.",
  "city"   : "Nowhere",
  "state"  : "NY",
  "zip"    : "12345"
}
FlattenObjects がtrue に設定されている場合、オブジェクトは次のテーブルのようにフラット化されます:

カラム名カラム値
address.street123 Main St.
address.cityNowhere
address.stateNY
address.zip12345

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930