Cmdlets for Couchbase

Build 21.0.7930

Schema

This section provides a complete list of the Schema properties you can configure in the connection string for this provider.


PropertyDescription
Locationテーブル、ビュー、およびストアドプロシージャを定義するスキーマファイルを格納するディレクトリへのパス。
BrowsableSchemasこのプロパティは、使用可能なスキーマのサブセットにレポートされるスキーマを制限します。例えば、BrowsableSchemas=SchemaA,SchemaB,SchemaC です。
Tablesこのプロパティは、使用可能なテーブルのサブセットにレポートされるテーブルを制限します。例えば、Tables=TableA,TableB,TableC です。
Views使用可能なテーブルのサブセットにレポートされるビューを制限します。例えば、Views=ViewA,ViewB,ViewC です。
Dataverseテーブルを検出するときにどのAnalysis dataverse をスキャンするか。
TypeDetectionSchemeprovider がCouchbase にあるバケットからテーブルとカラムをどのように作成するかを決定します。
InferNumSampleValuesデータ型を決定する前にスキャンする各フィールドの値の最大数。 TypeDetectionScheme がINFER に設定されている場合は 自動スキーマ検出 に適用されます。
InferSampleSizeバケット内で利用可能なカラムを探すためにスキャンするドキュメント数の最大値。 TypeDetectionScheme がINFER に設定されている場合は 自動スキーマ検出 に適用されます。
InferSimilarityMetric異なるスキーマが同じフレーバーだと見なされる類似度を指定します。 TypeDetectionScheme がINFER に設定されている場合は 自動スキーマ検出 に適用されます。
FlexibleSchemasWhether the provider allows queries to use columns that it has not discovered.
ExposeTTLSpecifies whether document TTL information should be exposed.
IgnoreChildAggregatesWhether the provider exposes aggregate columns that are also available as child tables. Ignored if TableSupport is not set to Full.
TableSupportprovider がCouchbase サーバー上のテーブルを検出するためにどれだけの努力をするか。
NumericStringsWhether to allow string values to be treated as numbers.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930