Cmdlets for Couchbase

Build 21.0.7930

Miscellaneous

This section provides a complete list of the Miscellaneous properties you can configure in the connection string for this provider.


PropertyDescription
AllowJSONParametersAllows raw JSON to be used in parameters when QueryPassthrough is enabled.
ChildSeparator子テーブルを示すために使用する記号。
CreateTableRamQuotaThe default RAM quota, in megabytes, to use when inserting buckets via the CREATE TABLE syntax.
DataverseSeparatorAnalytics dataverse およびscopes/collections を示すために使用する記号。
FlattenArraysThe number of elements to expose as columns from nested arrays. Ignored if IgnoreChildAggregates is enabled.
FlattenObjectsフラット化されたオブジェクトプロパティとしてカラムを表示するには、 FlattenObjects をtrue に設定します。そうでなければ、配列にネストされたオブジェクトはJSON 文字列として返されます。
FlavorSeparatorフレーバーを示すために使用する記号。
GenerateSchemaFilesスキーマを生成して保存するユーザーの好みのタイミングを示します。
MaxRowsクエリで集計またはグループ化を使用しない場合に返される行数を制限します。これにより、設計時にパフォーマンスの問題を回避できます。
Otherこれらの隠しプロパティは特定のユースケースでのみ使用されます。
PagesizeCouchbase から返されるページあたりの結果の最大数。
PeriodsSeparator階層を示すために使用する記号。
PseudoColumnsこのプロパティは、テーブルのカラムとして疑似カラムが含まれているかどうかを示します。
QueryExecutionTimeoutクエリのサーバーサイドのタイムアウトを設定します。タイムアウトエラーを返す前にCouchbase がクエリを実行する期間を決定します。
QueryPassthroughこのオプションは、クエリをCouchbase サーバーにas-is で渡します。
Readonlyこのプロパティを使用して、provider からCouchbase へのアクセスを読み取り専用に設定できます。
RowScanDepthThe maximum number of rows to scan to look for the columns available in a table.
RTKライセンス供与で使用されるランタイムキー。
StrictComparisonSQL 入力クエリのフィルタをCouchbase クエリに変換する精度を調整します。 これは、値のカンマ区切りリストに設定できます。各値はdate、number、boolean、またはstring のいずれかです。
SupportEnhancedSQLこのプロパティは、API から直接サポートされる範囲を超えるSQL 機能の拡張は、インメモリによるクライアントサイド処理を有効にすることで可能になります。
Timeoutタイムアウトエラーがスローされ、処理をキャンセルするまでの秒数。
ValidateJSONParametersAllows the provider to validate that string parameters are valid JSON before sending the query to Couchbase.

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930
 

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930