Power BI Connector for HPCC

Build 21.0.7930

DSN の作成

このセクションでは、DSN 設定の編集方法と、HPCC API へ認証および接続について説明します。

DSN 設定の編集

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN 設定を編集できます。DSN はインストールプロセス中に作成されることに注意してください(コネクタのインストール 参照)。

DSN 設定を編集するには、次の手順を実行してください。

  1. [スタート]->[検索] を選択し、[検索]ボックスに[ODBC データソース] と入力します。
  2. Power BI Desktop インストールのビット数(32-bit または64-bit)に対応するODBC アドミニストレーターのバージョンを選択してください。
  3. [システムDSN] タブをクリックします。
  4. システムデータソースを選択して[構成]をクリックします。
  5. [接続]タブの情報を編集して[OK]をクリックします。

次の接続プロパティを設定し、接続します。

Url をサーバーのマシン名もしくはIP アドレス、およびサーバーが起動しているポートに設定します。例えば、https://server:port。Url で指定されたHPCC システムへの認証には、User およびPassword が必要です。LDAP 認証は、現在サポートされていません。

Version をWsSQL Web サーバーのバージョンに設定します。HPCC サーバーにWsSQL サービスをインストールしておく必要があることに注意してください。CData Power BI Connector for HPCC は、HPCC システムへの連携にWsSQL Web サービスを使います。

Cluster をターゲットクラスタに設定します。

次のステップ

次の手順については、データの取得 を参照してください。作業したいデータへの接続について説明します。

Copyright (c) 2021 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 21.0.7930