JDBC Driver for Twilio

Build 23.0.8771

DbVisualizer

このセクションでは、DbVisualizer でデータに接続を確立する方法、テーブルエディタを使用してデータを編集および保存する方法、およびSQL を実行する方法について示します。

JDBC Driver for Twilio の追加

ドライバー定義にdriver .jar ファイルを追加するには、次の手順を実行してください。

  1. DbVisualizer ツールバーで、Tools -> Driver Manager を選択します。
  2. Driver Manager ウィンドウの左上にある"+" ボタンをクリックし、Custom を選択します。
  3. ドライバーの名前を入力します。
  4. URL Format ボックスに以下を入力します:
    jdbc:twilio:
  5. Driver artifacts and jar files セクションで、右側の"+" ボタンをクリックし、Add Files... を選択して、ドライバーの.jar ファイルであるcdata.jdbc.twilio.jar を確認します。デフォルトでは、これはインストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。このフォルダ内の.lic ファイルは、.jar ファイルと同じフォルダに配置される必要があることに注意してください。
  6. Driver Class メニューでTwilioDriver クラス、cdata.jdbc.twilio.TwilioDriver を選択します。

Twilio データベース接続の作成

Twilio ドライバーを選択し、JDBC URL をビルドしてJDBC データソースを作成するには、次の手順を実行してください。

  1. DbVisualizer ツールバーで、Database -> Create Database Connection を選択します。Driver Name セレクタが表示されます。

    Note: このオプションがグレーアウトしている場合、先に左側ペインのDatabases タブにあるツリービューのConnections ルート要素を選択する必要があります。

  2. 上記のセクションで定義したJDBC ドライバーの名前をダブルクリックします。
  3. Settings FormatDatabase URL に設定していない場合は、これを設定します。
  4. Driver Type がJDBC ドライバーに定義した名前にデフォルトで設定されなければ、これを設定します。
  5. Database URL を完全なJDBC URL に設定します。JDBC URL 構文はjdbc:twilio: に続けてセミコロン区切りでname-value ペアの接続プロパティを入力します。

    一般的な接続文字列は次のとおりです。

    jdbc:twilio:AccountSid=MyAccountSid;AuthToken=MyAuthToken;

  6. Connect をクリックします。
  7. 接続に成功したら、Database TypeGeneric に設定します。

スキーマの検出とTwilio データのクエリ

これで、次のようにデータをブラウズしてSQL を実行できます。

  • 使用可能なテーブルにアクセスするには、Databases タブで、接続、データベース、スキーマ、テーブルまたはビューのノードを展開します。
  • テーブルのデータとメタデータをブラウズするには、テーブルを右クリックしOpen in Tab またはOpen in New Tab をクリックします。
  • SQL クエリを実行するには、SQL Commander -> New SQL Commander を選択します。利用可能なメニューからDatabase Connection、Database、Schema を選択します。

特定のテーブルのクエリについては、データモデル を参照してください。SQL 構文について、詳しくはSQL 準拠 を参照してください。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8771