ADO.NET Provider for Stripe

Build 23.0.8771

接続の確立

Stripe への接続

Stripe は、本番API キーまたはOAuth のいずれかによる認証をサポートします。

Note: 接続して認証した後にStripe から返されるデータを絞り込むには、 AccountId をデータを取得したいConnected Account Id に設定します。そのアカウントのアカウントId を取得するには、Stripe ダッシュボードに移動して Connect アカウントのメニュー項目を見つけます。そのリストをクリックします。Stripe は現在接続されているすべてのアカウントのドロップダウンリストを表示します。

本番API キー

本番API キーで接続するには、以下の2つの設定パラメータを設定する必要があります。

  • AuthScheme = APIKey
  • LiveAPIKey = 本番API キーの値。

本番API キーの値を取得するには:

  1. Stripe ダッシュボードにログインします。
  2. 開発者 -> API キー -> シークレットキー -> 本番環境のキーを表示 に移動します。

OAuth

Stripe はOAuth 認証のみサポートします。すべてのOAuth フローで、この認証を有効にするにはAuthSchemeOAuth に設定する必要があります。

以下のサブセクションでは、3つの一般的な認証フローでのStripe への認証について詳しく説明します。

  • デスクトップ:ユーザーのローカルマシン上でのサーバーへの接続で、テストやプロトタイピングによく使用されます。埋め込みOAuth またはカスタムOAuth で認証されます。
  • Web:共有ウェブサイト経由でデータにアクセスします。カスタムOAuth でのみ認証されます。
  • ヘッドレスサーバー:他のコンピュータやそのユーザーにサービスを提供する専用コンピュータで、モニタやキーボードなしで動作するように構成されています。埋め込みOAuth またはカスタムOAuth で認証されます。

カスタムOAuth アプリケーションの作成方法と、埋め込みOAuth 認証情報を持つ認証フローでもカスタムOAuth アプリケーションを作成したほうがよい場合の説明については、カスタムOAuth アプリケーションの作成 を参照してください。

Stripe で利用可能な接続文字列プロパティの全リストは、Connection を参照してください。

デスクトップアプリケーション

CData は、デスクトップでの認証を簡単にする埋め込みOAuth アプリケーションを提供します。例えば、ユーザーがインターネットに接続されていないローカルサーバーを使用しているような場合に利用できます。

また、Stripe コンソールで設定および登録するカスタムOAuth アプリケーションを介してデスクトップから認証することもできます。詳しくは、カスタムOAuth アプリケーションの作成 を参照してください。

接続の前に、以下の変数を設定します。

  • InitiateOAuth = GETANDREFRESHOAuthAccessToken を自動的に取得およびリフレッシュするために使用します。
  • カスタムOAuth アプリケーションのみ:
    • OAuthClientId = カスタムOAuth アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
    • OAuthClientSecret = カスタムOAuth アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。
    • CallbackURL = カスタムOAuth アプリケーションの登録時に定義されたリダイレクトURI。

接続すると、本製品 はデフォルトブラウザでStripe のOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。

アプリケーションにアクセス許可を与えると、本製品 はOAuth プロセスを完了します。

  1. 本製品 はStripe からアクセストークンを取得し、それを使ってデータをリクエストします。
  2. OAuth 値はOAuthSettingsLocation で指定されたパスに保存されます。これらの値は接続間で永続化されます。

アクセストークンの期限が切れたときは、本製品 は自動でアクセストークンをリフレッシュします。

Web アプリケーション

Web 経由で認証する場合は、カスタムOAuth アプリケーションの作成 で説明するようにStripe にカスタムOAuth アプリケーションを作成および登録する必要があります。それから本製品 を使用してOAuth トークンの値を取得および管理します。

このセクションでは、OAuth アクセストークンの取得方法、ドライバーにOAuth アクセストークンを自動的に更新させる方法、OAuth アクセストークンを手動で更新する方法について説明します。

OAuth アクセストークンの取得:

  1. 次の接続プロパティを設定し、OAuthAccessToken を取得します。
    • OAuthClientId = アプリケーション設定のクライアントId。
    • OAuthClientSecret = アプリケーション設定のクライアントシークレット。

  2. ストアドプロシージャを呼び出し、OAuth 交換を完了します。
    • GetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。AuthMode インプットをWEB に、CallbackURL をアプリケーション設定で指定したリダイレクトURI に設定します。 ストアドプロシージャは、OAuth エンドポイントへのURL を返します。
    • ステップ1でストアドプロシージャが返したURL に移動します。ログインしてWeb アプリケーションを認可します。コールバックURL にリダイレクトされます。
    • GetOAuthAccessToken ストアドプロシージャを呼び出します。AuthMode インプットをWEB に設定します。Verifier インプットを、リダイレクトURI のクエリ文字列のcode パラメータに設定します。

アクセストークンとリフレッシュトークンを取得したのち、データに接続してOAuth アクセストークンを自動的にリフレッシュできます。

OAuth アクセストークンの自動リフレッシュ:

本製品 がOAuth アクセストークンを自動的にリフレッシュするようにするには、次のように設定します。

  1. はじめてデータに接続する際、次の接続プロパティを設定します。
    • InitiateOAuth = REFRESH
    • OAuthClientId = アプリケーション設定のクライアントId。
    • OAuthClientSecret = アプリケーション設定のクライアントシークレット。
    • OAuthAccessToken = GetOAuthAccessToken によって返されたアクセストークン。
    • OAuthSettingsLocation = 本製品 がOAuth 値を保存する場所のパス。これは接続間で維持されます。
  2. その後のデータ接続では、以下を設定します。
    • InitiateOAuth
    • OAuthSettingsLocation

OAuth アクセストークンの手動リフレッシュ:

OAuth アクセストークンを手動でリフレッシュするために必要な唯一の値は、OAuth リフレッシュトークンです。

  1. ExpiresIn 期間(GetOAuthAccessToken が返す)が経過した後にOAuthAccessToken を手動でリフレッシュするには、RefreshOAuthAccessToken ストアドプロシージャを呼び出します。
  2. 次の接続プロパティを設定します。

    • OAuthClientId = アプリケーション設定のクライアントId。
    • OAuthClientSecret = アプリケーション設定のクライアントシークレット。

  3. RefreshOAuthAccessToken を呼び出し、OAuthRefreshToken にGetOAuthAccessToken によって返されたOAuth リフレッシュトークンを設定します。
  4. 新しいトークンが取得できたら、OAuthAccessToken プロパティにRefreshOAuthAccessToken によって返された値を設定します。Open は、新規接続を開きます。

OAuth リフレッシュトークンを保存し、OAuth アクセストークンの有効期限が切れた後に手動でリフレッシュできるようにします。

ヘッドレスマシン

ヘッドレスマシンに置かれているリソースにログインする必要がある場合は、インターネットブラウザに対応した別の端末で認証する必要があります。 以下のいずれかの方法で行います。

  • オプション1:OAuthVerifier 値を取得します。
  • オプション2:インターネットブラウザに対応したマシンに本製品 をインストールし、通常のブラウザベースのフローで認証した後でOAuth 認証値を転送します。

オプション1またはオプション2を実行後、ヘッドレスマシンからアクセストークンを自動的にリフレッシュするようにドライバーを設定します。

オプション1:Verifier code を取得および交換

Verifier code を取得するには、OAuth Authorization URL で認証する必要があります。以下の手順に従います。

  1. インターネットブラウザに対応したマシンから認証してOAuthVerifier 接続プロパティを取得します。

    埋め込みOAuth アプリケーションを使用する場合は、GetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。ストアドプロシージャによって返されたURL をブラウザで開きます。

    カスタムOAuth アプリケーションを使用するには、以下のプロパティを設定します。

    • InitiateOAuth = OFF
    • OAuthClientId = アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
    • OAuthClientSecret = アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。

  2. GetOAuthAuthorizationURL ストアドプロシージャを呼び出します。ストアドプロシージャは、カスタムOAuth アプリケーションが登録されたときに構築されたCallbackURL を返します。 (カスタムOAuth アプリケーションの作成 を参照してください。)

    このURL をコピーして、新しいブラウザのタブに貼り付けます。

  3. ログインして、本製品 にアクセス許可を与えます。OAuth アプリケーションは、code というパラメータを付加したリダイレクトURI にリダイレクトします。このパラメータの値を控えておきます。OAuthVerifier 接続プロパティを設定するために、後で必要になります。

  4. OAuth verifier code をOAuth リフレッシュトークンおよびアクセストークンと交換します。ヘッドレスマシンでは、次の接続プロパティを設定してOAuth 認証値を取得します。

    • InitiateOAuth = REFRESH
    • OAuthVerifier = 控えておいたverifier code(リダイレクトURI のcode パラメータの値)。
    • OAuthSettingsLocation = 暗号化されたOAuth 認証値を指定されたファイルに永続化。
    • カスタムOAuth アプリケーションのみ:
      • OAuthClientId = カスタムOAuth アプリケーション設定のクライアントId。
      • OAuthClientSecret = カスタムOAuth アプリケーション設定のクライアントシークレット。

  5. 接続をテストしてOAuth 設定ファイルを生成します。

  6. 次のプロパティを再設定して、接続してください。

    • InitiateOAuth = REFRESH
    • OAuthSettingsLocation = 暗号化されたOAuth 認証値を含むファイル。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするには、このファイルが本製品 に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
    • カスタムOAuth アプリケーションのみ:
      • OAuthClientId = アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
      • OAuthClientSecret = アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。

オプション2:OAuth 設定を転送

ヘッドレスマシンでの接続に先立ち、インターネットブラウザに対応したデバイスでドライバーとの接続をインストールし、作成する必要があります。上述の「デスクトップアプリケーション」の説明に従って、接続プロパティを設定します。

「デスクトップアプリケーション」の手順が完了すると、生成された認証値は、OAuthSettingsLocation で指定されたパスに暗号化されて書き込まれます。デフォルトのファイル名はOAuthSettings.txt です。

接続をテストしてOAuth 設定ファイルを生成し、OAuth 設定ファイルをヘッドレスマシンにコピーします。

ヘッドレスマシンでデータに接続するには、次の接続プロパティを設定します。

  • InitiateOAuth = REFRESH
  • OAuthSettingsLocation = ブラウザでマシンからコピーしたOAuth 設定ファイルへのパス。アクセストークンの自動リフレッシュを有効にするために、このファイルが本製品 に読み書きのアクセス許可を与えることを確認してください。
  • カスタムOAuth アプリケーションのみ:
    • OAuthClientId = カスタムOAuth アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントId。
    • OAuthClientSecret = カスタムOAuth アプリケーションの登録時に割り当てられたクライアントシークレット。

Copyright (c) 2024 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 23.0.8771