Cmdlets for ServiceNow

Build 20.0.7654

OAuth 認証の使用

OAuth では認証するユーザーにブラウザでServiceNow との通信を要求します。下記で説明するとおり、本製品 はさまざまな方法でこれをサポートします。

カスタムOAuth アプリの作成

次の手順に従ってアプリを登録し、OAuth クライアントクレデンシャル、OAuthClientId およびOAuthClientSecret を取得できます。まだアクティブでない場合、インスタンスのOAuth プラグインをアクティブ化する必要があることに注意してください。

  1. ServiceNow インスタンスにログインします。
  2. ナビゲータで、[OAuth]->[アプリケーションレジストリ]をクリックします。
  3. [New]をクリックし、[Create an OAuth API Endpoint for External Clients]をクリックします。
  4. [Active]チェックボックスを選択して、アプリの詳細を入力します。

ServiceNow への認証

次の接続プロパティを設定して、接続してください。

  • AuthScheme:OAUTH に設定。
  • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントID に設定。
  • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
  • User:ユーザー名に設定。
  • Password:パスワードに設定。
  • Instance:インスタンスに設定。例えば、インスタンスURL がhttps://MyInstance12345.service-now.com/ の場合は、Instance プロパティを' MyInstance12345 ' に設定します。

Copyright (c) 2020 CData Software, Inc. - All rights reserved.
Build 20.0.7654